成田LCCターミナル、開業1周年で利用者600万人に

当初の目標上回る。国内はまだ参入していない空港の誘致へ

  • 0
  • 0
成田のLCCターミナル利用者にエコバッグを配るバニラエアの客室乗務員
 LCC専用の成田空港第3ターミナルが4月8日、開業1周年を迎えた。ターミナルへ乗り入れるLCCの客室乗務員らが利用者にエコバッグを配り、成田市の「うなりくん」や成田空港の「クウタン」などご当地キャラクターとの撮影コーナーも設けられた。

 第3ターミナルに乗り入れるLCCは、ジェットスター・ジャパンとジェットスター航空、バニラエア、春秋航空日本、チェジュ航空の5社。国内LCCのうち、ピーチ・アビエーションは第1ターミナルへ乗り入れている。

 初年度の利用者数は550万人を見込んでいたが、旺盛な訪日需要を追い風に600万人を超える見通し。すでにターミナルは混雑が激しくなってきているが、運営する成田国際空港会社(NAA)の夏目誠社長は「750万人の取り扱い容量で整備した。まだ余裕があるのではないか」との見方を示している。

 NAAでは現在、第3ターミナルへ向かう空港内の連絡バスについて、運行ルートの短縮を検討している。連絡バスの所要時間は、第3ターミナルから第2へ向かう際は約5分。一方、第2から第3へは2倍の約11分と、空港内の道路の構造上、徒歩の約15分と大差ない時間が掛かっており、実現が期待される。

 また、国内LCC各社は国際線拡充を進めており、国内線はこのところ新規就航都市が増えていない。NAAでは、他空港からLCCが就航しているものの、成田路線がない長崎と宮崎、石垣や、羽田空港からの旅客数が多くLCCが参入していない北九州や函館、徳島、高知、岡山への路線誘致を進めていく。

COMMENT

吉川忠行
Aviation Wire
編集長

成田のLCCターミナルが8日で開業1周年。初年度の利用者数は計画を50万人上回る600万人となる見込みです。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる