ライスバーガー、コメ2割増します!ここにも訪日外国人の影響が

「物足りない」との声。モスフードが2月9日から

  • 0
  • 0
「とりの照り焼き」
 モスフードサービスは丸パンの代わりにコメを使ったライスバーガーで、2月9日からコメの使用量を2割増やす。台湾などの海外拠点では大型ライスプレートを用いており、訪日外国人から「物足りない」との声が寄せられるようになったためという。既存商品の価格は据え置く。

 ライスバーガーは現在2品だが、2012年まで販売していた「焼肉」(価格390円)を同日に復活する。ミラノ万博で販売した「とりの照り焼き」(同400円)も3月下旬まで販売する。櫻田厚会長兼社長は「ミラノ万博でライスバーガーが話題になったのをきっかけに、コメをカジュアルに食べられる形として見直すことにした」としている。

日刊工業新聞2016年1月28日生活面

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア局長 DX担当

ライスバーガーの件は置いておいて、日本の食文化が外国人観光客のために変わっていくのは好ましいとは思わない。

関連する記事はこちら

特集