トヨタ系部品メーカー、自動運転遠隔監視サービスに参入

  • 1
  • 2

東海理化とアイサンテクノロジーは、自動運転車両に関する共同開発契約を締結した。複数台の自動運転車両を遠隔監視したり、操作したりするシステムなどを共同で開発する。国が2025年度にも実施する自治体での自動運転向け実証実験への採用を目指す。

遠隔監視者が安全な車両制御を適切に判断できるシステムを共同開発する。監視者が負担を感じない映像表示装置なども開発する。車両周辺映像を活用した地図更新情報を習得できる技術なども開発対象に含める。

東海理化はアイサンテクノロジーとの連携を契機に、自動運転サービスの遠隔監視ビジネスへ本格参入する。カメラや画像処理で培った技術を活かし、自動運転車両の遠隔監視に適したカメラ映像表示システムの調査・研究開発を担う。

これまで同社では、ドライバーへ後方の道路状況を広範囲にわかりやすく表示する電子ミラーなどを開発したノウハウがあり、これを活用する。

日刊工業新聞2022年6月29日

キーワード

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる