旭化成が開発、「次世代コンセプトカー」で追求したこと

  • 0
  • 1

旭化成は次世代コンセプトカー「AKXY(アクシー)2=写真」を制作した。25日からパシフィコ横浜(横浜市西区)で開催される「人とくるまのテクノロジー展」で展示する。未来のクルマの価値を高めるために不可欠な三つのS(サステナビリティー・サティスファクション・ソサエティー)をコンセプトとし、自社の素材や技術を搭載した。

開発にあたり、社内外でのシナジーを追求した。自動車内装材を展開する子会社の米セージ・オートモーティブ・インテリアズの欧米拠点と全面的に協力。車内空間の使い方では、自社の住宅領域とのシナジーの可能性をコンセプト提案に盛り込んだ。

日刊工業新聞2022年5月23日

キーワード

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる