日立や日本マイクロソフトなど、コネクテッドカー向けセキュリティ共同開発

  • 0
  • 1

日立製作所、トレンドマイクロ、日本マイクロソフト(MS)は19日、コネクテッドカー(つながる車)向けセキュリティーソリューションの共同開発に合意したと発表した。自動車や周辺システムへのサイバー攻撃を検知・分析・管理するシステムを開発。2022年度中に国内自動車メーカーやサプライヤー向けに提供する。海外展開も検討する。

トレンドマイクロが提供する車載情報システム向けセキュリティーソリューションと、日立の制御機器向け車載侵入検知システムの両機能を活用し、サイバー攻撃に対処する。また両機能が通信異常に関する情報収集も担う。

サイバー攻撃を検知・分析・管理する基盤は、日本MSのクラウド基盤上に構築する。セキュリティーセンサーの履歴や、トレンドマイクロの自動車向け脅威情報基盤を連携することで、サイバー攻撃の全体像を可視化する。

コネクテッドカーのサイバー攻撃対策には、車両の制御・情報システムやデータを保存するクラウドの保護が重要となる。またデータ分析に基づいて脅威に対応することも必要だ。3社それぞれのソリューションやIT、自動車システムに関するノウハウを連携し、より安全性の高いシステムの提供を可能とする。

日刊工業新聞2021年10月20日

関連する記事はこちら

特集