トヨタの11月生産は計画比15万台減、それでも単月では最高水準の強さ

  • 0
  • 0

トヨタ自動車は11月のグローバル生産が、当初計画比約10万―15万台減の85万―90万台になるとの計画を示した。8月時点では100万台規模の生産を見込んでいたが、東南アジアでの部品供給不足が残ることや、半導体不足が影響する。ただ生産台数は単月ベースで過去最高に迫る水準で、9―10月と比べ減産幅は縮小した。2022年3月期で900万台とする生産台数見通しは据え置く。

国内で約5万台、海外で約5万―10万台の減産を見込む。国内では4工場6ラインで、1―5日間稼働を停止する。一方、東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大の影響が緩和し部品供給が通常レベルに戻りつつあることから、9―10月で計76万台としていた減産分は10万―15万台縮小できる見込みだ。

熊倉和生調達本部長は「安心できる状況ではないが、一番悪い時期は脱し平準化してきた」との認識を示した。12月以降も前年を超える高水準の生産計画を検討しており、減産分の挽回を急ぐ。

日刊工業新聞2021年10月18日

関連する記事はこちら

特集