トヨタの「ミライ」に採用された日東工器の継ぎ手

  • 2
  • 2
日東工器の継ぎ手

日東工器は高圧水素充填用迅速流体継ぎ手「HHVカプラ=写真」が、トヨタ自動車の新型燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」に採用された。

水素ステーションからの高圧水素ガスをミライに充填する接続口で、独自構造によりガスの逆流や車両への異物流入を防ぐ。

さまざまな流体継ぎ手で培った技術を基に、性能向上や小型・軽量化などを実現した。水素ステーションの充填ノズルもHHVカプラのシリーズ品。日東工器の流体継ぎ手は初代ミライや、量産型燃料電池バス「SORA(ソラ)」でも採用された実績がある。

日刊工業新聞2021年3月10日

キーワード

関連する記事はこちら

特集