eスポーツを科学する?大学や企業がまじめに注目

  • 0
  • 0

eスポーツを科学する―。福岡県内の産学官メンバーによる研究推進組織「福岡eスポーツリサーチコンソーシアム(FeRC=フェルク)」が発足した。ゲーム対戦競技「eスポーツ」に関する調査や研究を進める。社会や企業のニーズと研究シーズをマッチングするほか、商品開発やイベントに関する検証も支援していく。

フェルクの目的はeスポーツの普及・発展や競技者の健全育成への寄与など。メンバーには九州産業大学や九州工業大学の研究者のほか、IT関連などの企業トップがおり、2月15日時点では30会員。当面は福岡県を中心に会の拡大を図る。

取り組むテーマとしてはeスポーツ競技者の能力開発や教育のほか、ゲーム依存症や高齢者の認知機能への影響などがある。商品開発では情報通信機器や眼鏡・ゴーグル、いすなどを想定する。定期的な成果報告や関連セミナーも計画している。

日刊工業新聞3月4日

キーワード
eスポーツ

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる