「楽天市場」を支えるデータサイエンティストの腕。キーマンは理論物理学者

中小企業へのマーケティング支援に動く。楽天・北川執行役員へのインタビュー

  • 1
  • 12
ECの販促やブランドの向上にデータ分析を生かす
 楽天は電子商取引(EC)サイト「楽天市場」で、中小企業の出店者のマーケティング支援に動きだした。楽天市場に蓄積したデータの分析をもとに、商品の周知や販売戦略の改善などにつなげる仕組みを作る。中小の成長戦略には販路拡大が欠かせないが、楽天市場を活用することで商圏が格段に広がる。出店者には商品力を磨くことに力を注いでもらい、楽天が分析を通じて拡販を後押しする。データサイエンティストの腕の見せ所だ。

 「中小の小売店舗は良い商品を作っている。売れるマーケットも広がっている」。楽天の北川拓也執行役員は、支援に取り組む理由をこう説明する。魅力的な商品を製造できても、販売力が劣るのが中小店舗に共通する課題だ。そこで分析結果をもとに、マーケティングや店舗のウェブページなどを向上させる仕組みを確立する。

 例えば、消費者に関心を持ってもらえる商品の説明書きや、効果的な写真の使い方などをデータから導き出す。「店舗が(マウスを)ワンクリックすれば支援が受けられる」といった、簡単な仕組みを目指し活用を促す狙いだ。

 また、データ分析を活用して、企業や商品のブランド力を高めるサービスの展開も見据えている。顧客の属性や広告関連のデータをブランドの訴求に生かす。北川執行役員は「浸透していくのはゆっくりだが、デファクトスタンダード(事実上の標準)になれば圧倒的なソリューションになる」と自信をみせる。

 広告代理店なども企業のブランド力向上の支援を手がけているが、楽天市場という強力なEC基盤を背景に、膨大なデータを駆使できる点で楽天の存在感が大きくなりそうだ。

楽天執行役員・北川拓也インタビュー氏「客観的立場から“気づき”を提供」


 ―理論物理学者として活躍しながら楽天に入社しました。
 「三木谷浩史会長兼社長と会ったのがきっかけだ。我々が(データ分析により)解いている問題は段違いにユニーク。社会にとって価値のある分析を手がけたいのであれば、非常におもしろいと思う」

 ―中小店舗のマーケティング支援を重視しています。
 「常連客をよく分かっても、獲得できていない消費者の傾向はつかめない。店舗が自ら理解するのが難しい顧客層への接点を作るには、客観的な立場から気づきを与えることが重要だ。また店舗同士が教えあえるようなコミュニティーも考えている。他の店舗の動向を聞くことが一番勉強になる」

 ―データ分析を企業のブランド力向上に生かしています。
 「商品をどのような消費者に売るのかを検討する際に、マーケティングやブランド担当者で考え方がそれぞれ異なる。そこでブランドに関連するメッセージが、どの顧客層に効果的なのかをデータから洗い出す仕組みを作っている」
 (文=孝志勇輔)

 ※「データサイエンティスト・未来を読み解く」毎週月曜日に連載中

日刊工業新聞2015年07月06日 電機・電子部品・情報・通信面

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア局長 DX担当

PCからスマホは消費者行動が大きく違う。1ピクセルのデザインが違うだけで億単位で売り上げが変わるこもあるという。一方で、国内ではデータサイエンティストは人材不足。クラウドやビッグデータで先行する米国などの外資ITにどう対抗していくか。海外のオフショアなども活用し人材を育成していく必要がある。

関連する記事はこちら

特集