花粉症をオンラインで診療-女性層狙いメニュー追加

ネクストイノベーションが2018年2月に開始

  • 1
  • 0
オンライン診療サービス「スマート診療(スマ診)」のチャット画面
ネクストイノベーション(大阪市北区、石井健一社長)は、インターネットを介して花粉症の診断を受けられるオンライン診療サービスを2018年2月に始める。17年4月に髪が薄くなる「男性型脱毛症」の診断を受けられるサービスなど男性の体の悩みに対応する“コンプレックス市場”に参入した。花粉症のネット診断を加え、今後1年間にオンライン診療の利用者数を約1万人まで伸ばす。

花粉症のオンライン診療サービスは、仕事と育児を両立する30代前後の女性を主な対象に取り込む。問診パターンや電子カルテなどの情報を蓄積。人工知能(AI)の機械学習機能を取り入れ、個人に適した医療アドバイスなども自動化する。

オンライン診療サービス「スマート診療(スマ診)」は、患者がネット上で受診、決済し薬を郵送で受け取る。スマ診は自費診療として展開し、他の遠隔医療サービスと差別化している。患者はスマートフォンなどのチャット画面(写真)から問診を受けられ、予約や対面診療の手間を省くとともに、診察代も通常より安価に抑えられる。

このほど日本生命保険子会社のニッセイ・キャピタル(東京都千代田区)などベンチャーキャピタル2社から、合計7500万円の資金を調達しサービスを拡張する。

日刊工業新聞2017年10月24日

COMMENT

松井里奈
総合事業局イベント事業部
副部長

予約ができない病院だと、待ち時間だけで1時間以上かかってしまうこともあるので、これなら時間短縮で手軽に受診できて良さそうだ。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる