運動してもなかなか糖尿病が改善しないあなた、理由を教えます

金沢大などが妨げるホルモンを発見。効果の増強薬に期待かかる

 中高年に多い2型糖尿病や脂肪肝などの患者が運動療法を行っても効果が上がらない場合があるのは、肝臓から分泌されるホルモンが原因の一つだと分かった。

 金沢大学と同志社大学、筑波大学などの研究チームが米科学誌ネイチャー・メディシン電子版に発表した。

 このホルモンは金沢大の金子周一教授や篁俊成教授らが2010年に発見した「セレノプロテインP」。高齢者や2型糖尿病患者、脂肪肝患者で血中濃度が高い傾向があり、血糖値を上げる働きがある。

 患者のセレノプロテインPの血中濃度を調べれば、運動療法の効果を事前に予測できる可能性がある。

 肝臓のセレノプロテインP生成を抑えたり、筋肉への取り込みを防いだりする安全な物質が見つかれば、運動効果の増強薬になるという。

 マウスを1日30分走らせる実験を1カ月続けたところ、セレノプロテインPを生成できないように遺伝子操作したマウスは、通常のマウスに比べ走行限界距離が約2倍長く、インスリンの血糖低下作用が大きかった。

 健康な女性に運動してもらう実験でも、セレノプロテインPの血中濃度が高い場合は最大酸素摂取量が低く、効果が上がらなかった。

日刊工業新聞2017年3月8日

明 豊

明 豊
03月09日
この記事のファシリテーター

糖尿病には2型と1型があります。2型は複数の遺伝因子はあるものの、生活習慣である運動不足や食べ過ぎと肥満などの環境因子が関与して発症する病気です。日本人の95%以上はこのタイプです。1型は自己免疫疾患やウイルス感染などで突発的に発症することが多く、小児や若年層に多い型です。2型糖尿病の場合、厳格な食事療法が行われれば、7割以上の患者さんは良好にコントロールが可能といわれています。予備群の自分も運動を勧められていますが、なかなか腰が重い状況。水中歩行が比較的良いと言われていますが。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。