それぞれの初日の出フライト#バニラエア

LCCで初。チケットが発売から1時間30分で完売

 バニラエア(VNL)は1月1日、LCCでは初めての「初日の出フライト」を成田発着便で実施した。運航機材には、2016年12月に受領した11号機目のエアバスA320型機(180席)を投入した。

 初日の出フライトは、新年にちなみ「JW2017便」と名付けて運航した。募集人数は162人で、幼児1人を含む163人が参加した。関係者ら13人も搭乗し、乗客は176人、乗務員は計6人(運航乗務員2人、客室乗務員4人)。若い女性のグループや家族連れなどグループでの参加も多かったが、1人での参加も多く見られた。

 出発前の161番ゲートでは、石井知祥会長や五島勝也社長らが搭乗客を見送った。ゲートでは五島社長や搭乗する山室美緒子副社長らが記念撮影に応じ、石井会長がシャッターを押す姿が見られた。

 出発前のセレモニーでは、地上に残った五島社長があいさつ。チケットが発売から1時間30分で完売したことに触れ、「反響の大きさに驚いている。(運航できるのを)心待ちにしていた」と語った。また、「今年の干支・酉年は『取り込む』という言葉にかけて、新しいことを始めるのに縁起のいい年」とし、2月に運航を開始する成田-関西線や函館就航などを紹介した。

 JW2017便は、午前5時35分に161番スポットを出発。午前6時2分にB滑走路を離陸した。午前6時21分に館山上空1万6000フィート(4876.8メートル)に到達し、同45分に初日の出を観賞した。乗客はオレンジ色の陽の光を浴び、スマートフォンなどで写真撮影などを楽しんだ。

 機内では紅白なますやちらし寿司などの正月弁当を提供。1月から機内販売を開始した日本酒「長命泉」をプレゼントした。また、山室副社長が乗客1人ひとりに搭乗証明書を手渡した。

 その後、神奈川・三浦半島沖や真鶴沖を通過し、富士山を上空から観賞。静岡・焼津上空で折り返し、伊豆大島上空などを経由して、午前7時49分に着陸した。

 成田帰着後、山室副社長は「お客さまは満足していただけたように感じた」と述べ、来年以降の継続を検討するとした。
乗客に配付した正月弁当(手前)と日本酒「長命泉」

吉川 忠行

吉川 忠行
01月04日
この記事のファシリテーター

バニラ、はじめての「初日の出フライト」。JW2017便として運航し、16年12月に受領した11号機のA320を投入しました。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。