ボーイング「787」で17時間、最長路線はどこ?

カンタス航空が18年に就航、パース-ロンドン線

 カンタス航空(QFA)は、ボーイング787型機では最長となるパース-ロンドン線を2018年3月に開設する。運航距離は1万4498キロメートル、所要時間は17時間で、西オーストラリアから初めての欧州直行便となる。

 運航機材は787-9で、3クラス236席(ビジネス42席、プレミアムエコノミー28席、エコノミー166席)。同路線は787運航便で最長路線となる見込み。

 カンタス航空は1947年、ロンドンへの乗り入れを開始。当初9カ所を経由し、到着までに4日間を要した。1989年にはロンドン発シドニー行きを747-400で運航。同便に投入した747-400は同社向け初号機で、2015年3月に豪・イラワラの航空機復元協会(HARS)に寄贈した。

 カンタス航空の現在の最長路線は、シドニー-ダラス線で1万3730キロ。2014年からはエアバスA380型機(484席:ファースト14席、ビジネス64席、プレミアムエコノミー35席、エコノミー371席)で運航している。

吉川 忠行

吉川 忠行
12月24日
この記事のファシリテーター

カンタス航空、18年3月からパース-ロンドン線。片道17時間で、787最長路線となる見込みです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。