「ファミチキ」、サークルKとサンクスでも発売へ

 ファミリーマート(東京都豊島区、沢田貴司社長、03・3989・6600)は、看板商品の骨なしフライドチキン「ファミチキ=写真」を、関東の「サークルK」「サンクス」約1400店舗で6日に発売する。ファミマの人気商品をサークルKやサンクスにも導入し、店舗売上高を引き上げる。2017年春には全国で扱う。

 17年1月の導入を予定していたが、ファミマと、サークルKサンクスの親会社ユニーグループ・ホールディングスが9月に経営統合した効果を出すため前倒しする。店舗当たりの1日の売上高は17年2月期はファミマが52万円、旧サークルKサンクスが43万円を見込み差がある。

 ファミマとサークルK、サンクスは販売商品を17年2月末までに統一する方針。すでにファミマのプライベートブランド(PB)などの取り扱いを、サークルKとサンクスでも始めた。クリスマスに向け、骨付きチキンの「プレミアムチキン」も導入した。

日刊工業新聞2016年12月5日

昆 梓紗

昆 梓紗
12月05日
この記事のファシリテーター

もう「ファミリーマート」だけの「チキン」ではなくなります。「ファミマといえばファミチキ」というくらいのファンも多い商品なので、統合のイメージ付けに大きく役立つのでは。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。