有機ELから液晶に流れ引き戻す。JDI社長インタビュー

「サプライヤーの間でも有機ELに置き換わることに危機感」(有賀氏)

 ジャパンディスプレイ(JDI)が液晶ディスプレーの技術進化を成長の軸に据える方針を打ち出した。低消費電力や薄型、低コストといった強みに加え、2019年にはフレキシブル性能を実現。需要が高まる有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)から流れを引き戻す構えだ。「成長の余地は確実にある」と断言する有賀修二社長兼最高執行責任者(COO)に、液晶ディスプレーの勝算や今後の展望を聞いた。

 ―液晶重視を決めた1番の理由は。
 「樹脂フィルムを使ったシート型ベンダブル(曲げられる)液晶を形にできたことにある。『これからのディスプレーは有機ELだ』との風潮を受け、年明けごろから液晶の強みと弱みを検証し、曲げられない点が唯一の弱点だと認識した。特に課題だったのがバックライトの対応だったことから、サプライヤーと開発を進め、技術の確立にめどを付けた。夏ごろにはシート型液晶を形にした」

 ―具体的なロードマップは。
 「17年に4辺を狭額縁化し異形状にも対応する液晶パネルを投入するほか、18年には低消費電力でベンダブルタイプのシート型液晶を投入する。19年にはフレキシブルにも対応したい。ただ顧客からの要請に備え、有機ELパネルも開発し、液晶と両にらみで進める」

 ―シート型液晶パネルの量産に向けた体制をどう構築しますか。
 「サプライヤーの間でも有機ELに置き換わることに危機感が高まっている。基板となるフィルムから偏光板、薄いフィルムを貼り合わせるモジュール工程など、日本の製造装置メーカーと組んでサプライチェーンを構築したい。フレキシブル有機ELパネル向けの製造装置は、シート型液晶パネルにも応用できる。異業種連携も進めて仲間を増やしたい」

 ―量産拠点や投資に向けた資金計画を教えてください。
 「どこで量産するかはこれから検討する。投資も必要だが、有機ELの蒸着装置に比べれば(液晶投資への)額は10分の1だ。自力投資は不可能ではない」

 ―勝算はありますか。
 「フレキシブル有機ELに比べて、シート型液晶は消費電力とコストを半減できる。同程度の厚さも可能だ。曲げられなかった弱点を解決できた今、勝算は十分にある。まずは量産を第1の目標に掲げ、課題解決を加速する」

 ―フレキシブル液晶陣営の拡大に向け、ライセンスビジネスを行う可能性は。
 「スマートフォン向け以外の事業が増えて収益基盤が安定すれば、一つの可能性として考えられる」

【記者の目・サプライヤー体制、整備カギ】
 新型液晶に対し顧客からの引き合いは多いという。順調に受注を獲得できれば、JDIの立ち位置は大きく変わるだろう。いかにサプライヤーの陣容を整えられるかが今後の成否を左右する。有機ELが市場を席巻する中、JDIを中心に“液晶の逆襲”が巻き起こる可能性はある。
(聞き手=政年佐貴恵)

政年 佐貴惠

政年 佐貴惠
11月13日
この記事のファシリテーター

液晶の技術優位性でシェアを伸ばしてきたJDIが、やっぱり液晶の進化で勝負すると宣言した。先日の決算説明会は本間充会長が「有機ELができることのほとんどは、液晶でもできる」とこれまでにないくらいの強気な発言をするなど、潮目が変わった雰囲気を感じさせた。シート型液晶の試作品を見せてもらったが、その高精細さや曲げ性能など、液晶でここまでできるのかと驚いた。「液晶の次のディスプレーとは」というテーマはつきまとうが、今はシート型液晶の量産が順調に進んだ場合に市場の状況がどう変化するかに注目したい。

この記事にコメントする

Sunaoka Norihiko
Sunaoka Norihiko
11月14日
社長のコメントと産業革新機構への支援要請は矛盾を感じます。OLEDとLCの両建てで事業戦略を立てているのではないでしょうか。
  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。