かっこよすぎる…町工場の金属加工音がスタイリッシュな楽曲に!

 金属加工などの過程で生まれる音を録音・再編集し楽曲化したレーベル「INDUSTRIAL JP」が24日に開始した。ばね、ねじ、金具製作、金属プレス加工などを行う6社の加工音を6人のトラックメーカーが楽曲に編集。さらに機械の動きを撮影し楽曲と合わせたミュージックビデオも制作した。


 (上段左より、小松ばね工業「KOMATSU BANE」、浅井製作所「ASAI NEJI」、新栄工業「SHIN-EI press」、下段左より、坂本製作所「SAKAMOTO Metal」、五光発條「GOKO BANE」、岩佐歯車製作所「IWASA HAGURUMA」)

 INDUSTRIAL JP事務局によると、「小松ばね工業の社員が撮影した一本の記録動画をきっかけに始まった。工作機械が正確に同じリズムを刻んで動き続けるその動画を見て、町工場のリサーチと作品制作への協力依頼を開始した」という。
 由紀精密(神奈川県茅ケ崎市)の大坪正人社長のアイデアをもとに、町工場や音楽界から有志のメンバーが集まり楽曲制作に至った。

INDUSTRIAL JP公式サイト http://idstr.jp


ニュースイッチオリジナル

昆 梓紗

昆 梓紗
10月24日
この記事のファシリテーター

規則的な金属加工は見ていて飽きないです。実際の工場ではかなり迫力のある音ですが、ものすごくスタイリッシュな楽曲に仕上がっています。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。