なぜ地方の人は残業しないのか

文=田鹿倫基 平均所得だけでは見えてこない「信用経済」が存在する

 IT企業を中心にコールセンター業務や、ウェブの管理・運用などを東京でなくてもできる業務を地方都市に移管していく流れが起こっています。それはコスト削減を目的として行われるわけですが、その対象となる一つが人件費です。

 厚生労働省が発表している2015年のデータをみると、最も年収が高いのは東京都で平均623万円。最も年収が低い沖縄県は平均355万円となっており、280万円ほどの開きがあります。

サテライトオフィスは人件費を減らせない


 IT企業はウェブでのコミュニケーションに慣れているため、東京の高い人件費を払ってやる必要のない仕事を、沖縄などの人件費の安い地域に移行させ人件費を削減するわけです。

 しかし実際に地方にサテライトオフィスを出して地方の人を雇用して運用してみると、人件費は想定していたほど削減が出来ないケースが多々起こっています。

 IT企業の進出先として有名なのは沖縄県で、日本で最も人件費が安いためサイバーエージェントを代表として多くのIT企業がサテライトオフィスを開設しています。他にも宮崎県や島根県、高知県にも多く、最近は全国の地方都市に広がっています。 

 しかし、地方にサテライトオフィスを開設した企業に聞くと、人件費の削減効果は思ったほどではなかったと言う話がよく上がります。それは地方で雇用した人は基本的に残業をしないため社員数が増え、想定していた人件費の削減が出来なかった、と言うものです。

「地方の人は仕事に対してルーズ」の誤解


 東京では仕事が終わらなければ当たり前のように残業するのに、地方では定時で帰ってしまうため、結局は社員を増やさなければ回らなかった、という内容です。実際、宮崎県に進出したIT企業に勤める社員も定時で帰宅するのが主流ですし、稲刈りの時期などは有給休暇を普通に取得することも全く珍しくありません。

 沖縄県では聞いた話は、残業はおろか、そもそも始業時間に社員が出社をせず、無断遅刻や欠勤が多発し、結局、東京の社員を沖縄に派遣して業務をしているという笑えない事例も出てきます。

 しばしば「地方の人は仕事に対してルーズだ」という言い方をする東京の人がいますが、話はそんな単純ではありません。なにも東京の人が勤勉で地方の人が勤勉じゃないという話ではないのです。(そもそも論として残業してまでノルマをこなすことが勤勉という価値観がおかしいのですが)

 なぜ、同じ日本でこのように仕事に対するスタンスが違ってくるのか。これは詰まるところ経済活動のパターンが東京と地方で違うからです。 

東京は「貨幣経済」、沖縄は?


 これは僕が勝手に分類して命名したものですが、日本国内に存在する経済活動のパターンは「貨幣経済」「物々交換経済」「貸し借り経済」「自給経済」の4つです。

・ 貨幣経済・・・・・貨幣を介して商品やサービスが提供される一般的にイメージされる経済。

・ 物々交換経済・・・農家と漁師が野菜と魚を交換するといった物々交換から生まれる経済。

・ 貸し借り経済・・・誰か大事な人を紹介してくれたとか、トラブルに遭遇したときに助けてくれたとか、「恩」に紐づく貸しと借りで成り立つ経済。世代を超えて家系で引き継がれていくこともあり、「彼のおじいさんには大変お世話になったから、彼にはなんでも協力しろ」みたいに100年単位で続くこともある。

・ 自給経済・・・自分の家で畑を持っていて作物ができるとか、家で味噌や醤油を作っているとか、物を購入しなくても自給でまかなえる経済、というものです。

 この4つの経済活動パターンのバランスにより貨幣を得るための労働にどれだけリソースを投下するかが変わってきます。東京はもちろん貨幣経済の比重が最も思いエリアです。ほぼすべてのサービス、商品は貨幣を通じてやり取りされます。逆に言うと貨幣を持っていなければ商品・サービスを得ることは出来ない社会といえます。

 物々交換経済はおろか、自給経済もほぼゼロなので、圧倒的な貨幣経済と少しの貸し借り経済で成り立っている地域といえます。

地方はコミュニティに基づく「交換経済」が成立


 その反対に最も貨幣経済の割合が低いのが沖縄です。沖縄は地元人同士のつながりがとても強く、沖縄出身者コミュニティはウチナンチュー(沖縄の人)とナイチャー(いわゆる本土の人)という言葉があるほど。なのでその固定したコミュニティに基づいた貸し借り経済や物々交換経済もしっかり根付いているわけです。

 僕が住む宮崎県日南市も東京に比べると圧倒的に貨幣経済の割合が低いです。みかん、焼酎、お米はよく物々交換されていますし、本業とは別に農業をやっていてお米と果物は自給しているという人もたくさんいます。(僕もオーナー制ではありますが、田んぼを2箇所で持っています)

 東京は人と人とのつながりがなくても貨幣があれば商品・サービスを受けられます。また人もたくさんいて入れ替わりも激しいし、コミュニティも自分の意志で自由に行き来ができます。そもそもお金があればコミュニティに属さなくても生活はできます。

人間関係の濃密で生活リスクが変わる


 しかし地方都市に行けば行くほどコミュニティは固定化しており、貨幣で得られる商品・サービスの幅も少ない。そして例え貨幣があってもコミュニティの中で同じ地区の人たちや関係性を築けなければ、いわゆる村社会の中で孤立してしまい社会的な死を意味します。

 極端なケースでは、お金を持っていても地元住民と関係が破綻していれば、いざという時に誰も助けてくれない可能性すらあるのです。

 逆に言うと、コミュニティの中で人間関係が築けていると物々交換経済の幅は広がり、貸し借り経済もうまく活用でき、ピンチのときにお金が無くても過去の個人の信用や関係性から地域コミュニティに助けてもらえる可能性がある。つまり生活していくためのリスク分散ができるわけです。

<次のページ、「なんのために働くのか」>

  • 1
  • 2
田鹿 倫基

田鹿 倫基
10月17日
この記事のファシリテーター

経済は貨幣だけで成り立つものとは限りません。時代や場所によって様々なケースの経済が成立します。そして経済は何に信用を置くかでカタチが決まります。信用の置き所が都市と地方で違うことで、経済パターンにバリエーションが生まれるわけです。

この記事にコメントする

柴 徹
柴 徹
01月15日
>なぜ地方の人は残業しないのか
・・・そういう理由もあるかもだけど
(一部の)地方では
終電、終バスが
ありえないくらい(きっと都会(都会出身含む)の人には理解できないくらい)早いからじゃないスか?
やま D
やま D
11月18日
田鹿さんに、いつか直接お会いしてみたいです。
原 直史
原 直史
10月17日
地方の人たちは、「これまで中央の動きに合わせてきたが、それで何が残った、いいことはあまりなかった」と考えているのかも知れない。中央の価値基準を地方に押し付けないでほしいという現れかも知れない。東京は自然発生的コミュニティのない場所だ。多くの人にとって、いざという時、頼りになるのはお金だけ、あとは公共が用意したセーフティーネットとなる。東京の価値観を地方が共有し、あるいは地方が押し付けられという時代は終わりを告げている。
それだけに、今後の課題は、地方産業と経済の復活だ。それが実現すれば、地方の人たちが自分のライフスタイルに合わせて働くもっと大きなコミュニティが成立するかも知れない。

福田 直彦
福田 直彦
10月17日
なるほどですね。さびれたシャッター商店街にも使えそうですね。大資本の量販店は利益を地元に還元せず東京に集約している。地元経営者たちが自分たちの売るタイミングを逃した商品を物々交換するとか。お互いが補い合えるのは「よそ者」でなく、地元の人間同士という特性ですね。
  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。