動画で見るDeNAの無人運転バス。来月、イオンモールが試験導入

仏社と業務提携、新しい交通サービスに

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は7日、仏イージーマイル(トゥルーズ)と業務提携し、私有地内での無人運転バスを利用した新たな交通サービスを8月から提供すると発表した。最大12人が乗車できるイージーマイルの自動運転車両を利用。同車両は運転席はなく、事前に作製した地図データに設定したルート上をカメラ、各種センサー、GPS(全地球測位システム)を活用して自車両の場所を測定しながら自動で走行する。

 当面は各種公共施設、商業施設、テーマパーク、工場などへの導入を目指す。

 同日、東京都内で会見したDeNAの中島宏執行役員オートモーティブ事業部長は「顧客の利便性と快適性を追求したサービスを提供していく」と意気込んだ。イージーマイルのジルベール・ガニェール最高経営責任者(CEO)は「DeNAと協力して、新たな交通システムを確立したい」と述べた。

 同サービスの事例第1弾として、イオンモールが8月から試験導入する。同社が千葉市から管理の一部を委託されている豊砂公園(同美浜区)の敷地内で隣接するイオンモール幕張新都心(同)の来店者向けに運営する。



明 豊

明 豊
07月08日
この記事のファシリテーター

横浜スタジアムの内外でもぜひ。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。