セブン―イレブン、17年度めど国内店舗数2万店に

 セブン―イレブン・ジャパンは2017年度(18年2月期)をめどに国内店舗数を2万店超に引き上げる方針を明らかにした。16年度(17年2月期)は1800店の出店を計画、17年度も同規模の出店を続ける見通しでコンビニ初の2万店超えを目指す。国内コンビニエンスストア市場ではファミリーマートとサークルKサンクスを傘下に持つユニーグループホールディングスが経営統合、コンビニ店舗数は約1万8000店と現状のセブンに匹敵する規模になるが、17年度も積極出店で引き離す。
<続きは日刊工業新聞電子版に会員登録して頂くとお読みになれます>

日刊工業新聞2016年1月25日1面
日刊工業新聞電子版

明 豊

明 豊
01月25日
この記事のファシリテーター

病院や大学など特殊立地を含めまだまだ出店余地はある。今後は規模から質への転換にも注目

この記事にコメントする

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。