深刻化する自動車整備士不足

販売にも直結する重要課題 日産はどう対応しているのか

 自動車整備士の不足が深刻化している。少子化や”車離れ“で、整備士を目指す若者が激減する一方で、保有台数は高止まりし車検ニーズは増える。約5割の整備事業所で整備士が不足しており、自動車メーカー系列の販売店も頭を悩ます。アフターサービスの巧拙がブランドにも影響を及ぼすだけにメーカーにとって死活問題だ。日産自動車の整備士の育成や確保に向けた取り組みを追った。

整備士の苦悩


 「たとえ不具合が起きても一発で直すとお客さんは許してくれる。でも2回目以降はそうはいかない。他のメーカーに流れてしまう」。日産が運営する日産京都自動車大学校(京都府久御山町)の全校生徒を前に、中村公泰副社長はこう話しかけた。卒業生の8割が日産系の販売会社に整備士として就職する。顧客とじかに接することになる整備士の卵たちに、サービス品質の重要性を説いた。

 品質を担当する中村副社長は最近全国にある日産系の整備士学校を巡回している。「学生時代から、日産の一員であって質の高い仕事こそがサービスの品質につながる。そういう自覚を持ってほしい」。そんな思いから現場を訪問し生徒と直接対話を心がけている。

 整備士の定着率の改善も狙いにある。今でこそ自動車の電動化が進んで仕事の仕方は変わりつつあるが、整備士は3K(汚い、きつい、危険)とのイメージはぬぐえない。実際、日産系列販売店の整備士の退職率も低くなく、しかも悪化傾向にあるという。特に勤続10年未満の退職者が10%と高い。中村副社長が直接生徒らに整備業務の重要性を説くのはこうした背景がある。

指導方法を工夫、そして車を好きに


 副社長の叱咤(しった)激励を待つだけではなく、学校側も教育プログラムに工夫を凝らす。日産社内の資格制度を取り入れ、実際に整備で使う日産車向けの故障診断機器を活用した授業もしている。就職後に日産の一員として即戦力にするためだ。整備士業界で人材の取り合いが常態化する中で、担い手を囲い込む側面がある。

 車好きでないと整備士は長く務まりにくい。「特に車は好きではないが資格が取れるからという動機で入学する人が最近増えている」(日産・自動車大学校の今西朗夫学長)のも実態だ。耐久レースに参戦するプログラムを用意して、レースを通してまずは車を好きになってもらうというアプローチもとっている。

 中村副社長によれば、車の技術的なことは営業スタッフではなく、整備士から直接説明を受けると顧客満足度は格段に上がるという。整備士不足が進む中で、アフターサービスを支える整備士の確保と育成はメーカーの競争力を左右する重要な課題となっている。
(文=池田勝敏)

日刊工業新聞2015年12月18日自動車面
日刊工業新聞電子版

神崎 明子

神崎 明子
12月19日
この記事のファシリテーター

深刻な人材不足はあらゆる業界にあらわれています。従業員の処遇改善やモチベーションを高める取り組みがますます重要になると実感しました。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。