急速に変化している都市、1位はインド・ベンガルール。日本は?

JLL調べ。ベスト30にインドが6都市、東京は37位

  • 0
  • 5
 米系不動産サービス大手のジョーンズラングラサール(JLL)は9日、世界とのつながりを強める主要都市の活力を分析した年次リポート「2017年版シティ・モメンタム・インデックス」を発表した。急速に変化している都市の1位にインドのベンガルールが初めて選ばれた。上位30都市中6都市を占めたインドの躍進が目立った。

 ベンガルールはサービス型から高価値な製造業活動に移行し、急成長する新興都市としての評価が高かった。2位はベトナムのホーチミン、3位は米国のシリコンバレー。上位30都市の半分をアジア太平洋地域の都市が占めた。前年まで2年連続首位の英国・ロンドンは6位だった。

 東京は37位と、前年調査の14位から大きく順位を下げた。同リポートは短期の社会経済的変化に重点を置いているため、すでに成熟レベルにある日本の都市はランキングで苦戦している。

 同リポートは世界の134都市が対象。各都市の域内総生産(GDP)、人口、企業本社数など42の要素をもとに分析した。
                      

日刊工業新聞2017年3月10日

COMMENT

明豊
執行役員デジタルメディア事業担当 DX統括

最近、ニュースを見ていてもベンガルールに拠点を開設する日系企業が多いですね。例えばパナソニックは家電の開発拠点を4月にオープンさせます。それにしても東京への一極集中に日本で、しかも順位を大幅に下げているのは情けない。いろいろな評価ポイントはあるとはいえ…。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる