Google、オープンソースAIソフト「テンソルフロー」をアップグレード

処理の高速化や、モバイル機器でも使いやすく

  • 0
  • 4
「テンソルフロー」のロゴ
 米グーグルは機械学習によるオープンソースの最新版人工知能(AI)ソフト「テンソルフロー(TensorFlow)1.0」について、15日に提供を始めた。これまでに比べ処理が速くなったほか、モバイル機器などでの使い勝手を向上させた。

 最新版は、汎用プログラミング言語パイソン(Python)で書かれた深層学習ライブラリー「ケラス(Keras)」と完全互換を図り、連携を強化。さらに、新しいXLAコンパイラー(プログラミング言語から機械語への変換ソフト)の導入で、プログラムサイズをコンパクト化すると同時に、モバイル機器での実装と高速処理が容易になったという。ある画像処理アプリケーションでは、処理速度が従来の約8倍に高速化でき、CPUの電力消費は約4分の1に抑えられた。

 テンソルフローは誰でも使えるオープンソースソフトとして2015年11月に提供開始。翻訳精度が向上したことで最近話題のグーグルのオンライン翻訳や、Gメールの予測入力用のAIエンジンとして活用され、それ以外に、AIによる音楽や絵画の創作、皮膚がんの画像検出アルゴリズム、糖尿病性網膜症の予測といった応用研究にも役立てられている。

 グーグルによれば、研究者やエンジニア、芸術家などが、6000を超えるネット上のリポジトリー(ソフトウエア開発のための共有データベース)でテンソルフローが使われているという。テンソルフロー1.0は、ソフトウエア開発の共有ウェブサービスであるGitHub(ギットハブ)からダウンロードできる。

2017年2月17日付日刊工業新聞電子版

COMMENT

藤元正
モノづくり日本会議実行委員会
委員長

グーグルは16日、人間がパソコンのピアノ鍵盤を通じて打ち込んだメロディーに合わせてAIが伴奏してくれる「A.I.Duet」も発表しました。正直言ってまだまだのレベルですが、産業・ビジネスだけでなくAIにはさまざまな可能性があると実感させてくれます。A.I.Duetは、ここから試せます↓ https://aiexperiments.withgoogle.com/ai-duet/view/

関連する記事はこちら

特集