ES細胞からミニサイズの“動く腸”を作製!

成育医療研究センターなどが再現。大日本印刷の微細加工技術を活用

 ヒトの胚性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、培養皿の中で大きさが1センチ―2センチメートル程度のミニサイズの腸を作ったと、国立成育医療研究センターと東北大学、大日本印刷の研究チームが12日、米臨床研究学会の学会誌に発表した。

 ES細胞などから腸を作った報告はこれまでもあるが、消化中の食物や便を先へ送るための動きである「蠕動(ぜんどう)」を再現できたのは初めてという。

 分解したたんぱく質の吸収や、便秘薬で動きが活発になり、下痢止めで抑えられる反応も実際の腸に近かった。

 同センター内の阿久津英憲再生医療センター生殖医療研究部長は「小腸の先天性の病気や潰瘍性大腸炎などの難病のメカニズムを解明し、新薬や治療法を開発する画期的な手段になる」と話している。

 作製法は、培養皿の底に大日本印刷の微細加工技術を使い、個々のES細胞やiPS細胞が接着して育つ微小な環境を作ったのがポイント。自然に増殖して集まり、袋状になると底から浮いた。機能が小腸に近く、腸管の内側と外側が裏返しになった形のミニ腸が約2カ月でできた。

 ES細胞やiPS細胞から立体的な臓器を培養皿内で作る技術は現在、数センチメートル以上になると中心部に酸素や栄養を送り込めず、大型化が難しい。しかし、ミニ腸の中で患者に必要な粘膜細胞などを多く作り、移植する方法は考えられる。

日刊工業新聞2017年1月13日

COMMENT

宮里秀司
編集局経済部
編集委員

記事を読んでいて、ミミズを連想してしまいました。少々気味悪く感じますが、医薬品の開発などに応用できれば有用だと考えられます。

関連する記事はこちら

特集