<リノさんのロボット社会論#25> ANA支援のロボットアバターがXプライズ受賞

◆アキハバラニュース・エディター リノ・J・ティブキー◆

  • 0
  • 1
Conceptual Renderings: Rescue Avatar; Standard Female Form; Pianist. VIA XPRIZE Visioneers
 多くの人が「Xプライズ」という言葉を耳にしたことがあると思う。その主催団体は大規模な技術的進歩と社会的発展の後押しを目的に、一連の大がかりな競技会を実施している。中でも「Xプライズ・ビジョニアーズ」の知名度は低いものの、参加チームのどのアイデアやチャレンジが、より大きなXプライズ・コンペの選抜候補リストに残るかを決める、スポンサー主導の競技会となっている。

国際的な研究開発を応援


 10月初めには、米国を拠点とし、全日空(ANA)がスポンサーを務める国際チームが最優秀のビジョニアーズ賞を獲得した。今回はほかにバイオ企業2社の提案が同じ賞を受賞している。「アバターXプライズ」というと、参加者が遠隔操作でロボットのアバター(化身)をいかに滑らかに動かすか、あるいは遠隔操作のヒューマノイドによる高度な身体的動作やセンサーフィードバックを競ったりする図が頭に浮かぶ。非常にかっこいいのだが…。

 実用的なロボットアバターの開発は災害救助やエンターテインメント、旅行、探査などへの応用を含め、魅力的な可能性を持つ一方で、本当に面白いのはチームのスポンサーだ。日本の航空大手で日本的な会社であるANAが、外国に拠点を置く日本とはまったく関係ないチームを積極的にサポートしている。こうしたことは励みにもなる。

 自分たちの国が技術的に進んだ島国だと思っている日本人、日本は近づきにくいと思っている外国出身の個人やグループ双方にとって、ANAの活動は注目に値する。それは、ロボットの研究開発が国際化する中で、日本人の研究開発人材やリソースを積極的に関与させようとしているからだ。一番の動機が宣伝や税金の控除だとしても、そうした支援は物事を成し遂げるのに役に立つ。

アバターのパイロットも?


 日本の政府と民間企業がロボットを21世紀の自国経済の大きな柱にしようと懸命だ。おそらく、その目的に向かって事態は進んでいる。ただ、この議論で見逃されていることがある。ロボット主導の産業分野は「真空」では存在できないということだ。つまり、国際的な市場、知性、動機を与える競技会(そしてメディアへの記事掲載も!)、そのすべてが必要となる。

 誤解を恐れずに言えば、この分野はホンダのロボットのように極秘に開発するやり方では盛り上がりを欠き、逆にANAのように世界に手を伸ばし、物事をシェアし、良いアイデアを取り入れるようなやり方のほうがよりうまくいく。というわけで、アバターのパイロットを開発してみてはどうだろう。(隔週水曜日に掲載)
【略歴】Reno J.Tibke ロボット、サイバネティクス、人工知能についての民間研究家兼評論家。Anthrobotic.comの創設者であり、国際的なロボットニュースサイト「ロボハブ」(Robohub.org)の創設メンバーかつ執筆者。東京を拠点とするアキハバラニュース(AkihabaraNews.com)のエディターでマルチメディア映像制作プロダクション「デジタルハブ」(DigitalHub.JP)共同創設者。米モンタナ州出身。


Mr. Reno's Robot Society #25

International, ANA-Backed Robot Avatar Concept Wins XPRIZE Visioneers Competition



Most have heard of XPRIZE, the organization that sponsors and organizes an ongoing series of big-thinking competitions intended to spur on large-scale technological advancement and societal development. Fewer know about the XPRIZE Visioneers, a sponsor-driven seeding competition to decide which ideas or challenges get shortlisted as larger XPRIZE competitions.

In an interesting development earlier this month, a US-based, ANA-sponsored, internationally sourced team shared the top Visioneers prize (along with two biotech proposals). ANA’s AVATAR XPRIZE proposal imagines a contest where teams compete to establish stable, remote connections between users and functional robotic avatars, or remotely controlled humanoid forms capable of high-level physical articulation and sensory feedback. Very cool stuff, but...

While the development of practical robotic avatars is a fascinating possibility (with potential in rescue situations, entertainment, travel, exploration, etc.), what truly interested us about this news was the team sponsor. A giant of the Japanese airline industry and a very Japanese company, ANA is actively supporting an almost entirely non-Japanese team that’s based in a foreign country. Again, interesting, but more importantly, it’s encouraging.

For Japanese people who might think their country is too technologically insular and for foreign individuals and groups who still think Japan is too inaccessible, it’s worth taking a look at what companies like ANA are doing: actively reaching out and making an effort to involve Japanese talent and resources in the internationalization of robotics research and development. Even if the prime motivators are PR and tax write-offs, it still helps get things done.

We all know that Japanese governmental and private entities are working hard to make robotics a pillar of the nation’s 21st-century economy, and, arguably, progress is being made toward that end. A part of the discussion too often ignored, however, is that this robotics-driven sector cannot exist in a vacuum, i.e., international markets, minds, and motivating competitions (and even media coverage!) will all be needed to make it work.

Otherwise stated, and with all due respect, this economic sector is likely to be driven less by the Honda Robotics style of ultra-secret research and development and more by what ANA is doing: reaching out to the world, sharing, and taking in good ideas...like, how about avatar pilots?!

Reno J. Tibke is a generalist researcher and commentator on robotics, cybernetics, and nonbiological intelligence. He is the founder of Anthrobotic.com, a founding contributor at Robohub.org, editor at AkihabaraNews.com, and co-founder of Tokyo-based multimedia production firm DigitalHub.JP.

日刊工業新聞2016年10月26日

COMMENT

藤元正
モノづくり日本会議実行委員会

ウェブサイトの説明によれば、アバタービジョニアーズのチームが目指すのは「限界のない旅」。遠隔地にいながら、アバターとつながることで世界中どこにでも(さらには宇宙にも?)行け、情報を収集したりできるうえ、同時に複数の地点に存在することも可能になる、のだそうです。そうなると旅客機での旅はもはや意味をなさなくなり、ANAをはじめとするエアラインにとっては大変な時代に? いえいえ大丈夫。その頃にはアバターによるバーチャル旅行が新しいビジネスになっているかもしれません。

関連する記事はこちら

特集