アップルのSiri、オーストラリアで赤ちゃんの命救うお手柄

母親の呼びかけに反応し、救急車呼ぶ

 最近では「Alexa(アレクサ)」といったライバルの登場で、影が薄くなりがちなアップルの音声アシスタント「Siri(シリ)」。そうした中、オーストラリアで「彼女」が人命救助に一役かう大手柄を立てていたことがテレビニュースで明らかになった。1歳の娘の息が止まっているのを発見した母親がSiriに話しかけて救急車を呼び、病院に運び込まれて事なきを得たという。

 そのままiPhoneで電話をかけて救急車を呼べばいいのに、とは誰しも思うところ。だが、部屋の中でぐったりしたジアーナちゃんを発見したとたん、母親のステイシーさんは気が動転し、手にしていたiPhoneを床に落としてしまう。そのまま娘に心肺機能蘇生を施すステイシーさん、興奮して「ヘイSiri、緊急サービスにつないで」と叫ぶと、床に転がっていたiPhoneのSiriが起動。救急車を呼ぶことができたのだという。

 肺の感染症にかかっていたジアーナちゃんは、救急車が到着したころには何とか息を吹き返し、その後の入院治療で無事快復。息が止まったことによるダメージも残らずに済んだ。ただ、医師によれば、見つかった時には一刻一秒を争うような状態だったという。

 一方で、ステイシーさんはアップルへの感謝の気持ちを口にしつつ、自分がもし電話を落とさなくても、パニック状態でうまく番号が押せなかったかもしれないと振り返る。しかも、子供の面倒を見ながら、海軍に勤める夫と電話で話すことが多いため、スピーカーフォンにしたままだったことも今回は幸いした。ちなみにこうしたSiriの機能はすべてのiPhoneに備わっているわけではなく、最新型の6Sだけ対応しているという。

ニュースイッチオリジナル
7News(オーストラリア)の報道

藤元 正

藤元 正
06月08日
この記事のファシリテーター

次々に登場する音声アシスタントのライバルを前に、Siriは旗色があまりよくない。先日のWSJにはSiriの機能も含めて「拝啓 クック様、iPhoneを賢くしてください」(http://jp.wsj.com/articles/SB10513819889225894892604582103513290066718?mod=WSJJP_Technology_Left_Latest_News)と題した記事まで載る始末。だが、浪花節的に(さらには判官贔屓で)言うならば、目先の賢さより、いざという時に役に立ってくれる音声アシスタントに軍配を挙げたい。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。