<リノさんのロボット社会論 #09> エアバスが日仏のロボット連携をさらに進展

文=リノ・J・ティブキー(『アキハバラニュース』エディター)

  • 0
  • 0
研究に使われる人型ロボット(© Joint Robotics Laboratory (CNRS/AIST)/AIRBUS SAS 2015/CNRS-AIST)
**「コマノイド」プロジェクト/ 人間の国際協力が人型協働ロボ支える
 「ペッパー」にとっては大きな一歩となったが、ソフトバンクが2013年にフランスのアルデバラン・ロボティクスを買収したとき、そこには興味深い変化のシグナルが含まれていた。一つ目は、日本企業が国内の有力ロボットメーカーではなく欧州企業 を優先したこと。二つ目が評価の高いアルデバランの「ナオ」の研究プラットフォームを凌駕するフランス製ロボットの能力について、本格的な再考を促したことだ。

 15年1月に初めて公表された「コマノイド(COMANOID)」プロジェクトは、ソフトバンクとは逆のアプローチと言える。日本がフランス側に手を差し伸べるのではなく、航空機大手のエアバスが仏国立科学研究センター(CNRS)と産業技術総合研究所(AIST)によるAIST―CNRSロボット工学研究ラボと提携し、航空機の製造工程で人型ロボットを活用しようと日本側に接触してきたものだ。

 航空機製造には、従来型の組み立てラインの動きを当てはめることはできない。労働者は、腰を曲げたりひざまずいたり、肘でバランスをとったり、同時に複数の手足を調和して動かさなくてはならない。狭い空間を進んだり、さらには自分の動きの反動に 対して踏ん張ったりする必要もある。コンソーシアムでは、ヒューマノイドの形態がふさわしいのに加え、航空機の製造には不可欠だとしながらも、川田工業の 「ネクステージ」やABBの「ユミ」など固定式の協働ロボットでは十分ではないと結論付けた。

 コマノイドプロジェクトで、エアバスはその専門知識をもとに機器のソフトウエアおよび制御システムを 提供する。またロボット工学研究ラボは、ヒューマノイドロボットの「HRP―2」と「同4」を提供する。これら2機種は世界で最も先進的な二足歩行プラットフォームでもある。2月12日の時点で、すでに開発作業が進行中だ。

 コマノイドは、二つ以上の用途を兼ね備えた「マルチポイントの協働ヒューマノイド」だが、そのことを念頭に置きつつ、フィードバックループについてのうまい考えが浮かんできた。人型の協働ロボットを創造するというこのプロジェクトが成功する唯一の方法は、人間による複雑で国際的な共同作業だと。ロボットが世界を結びつけるということ自体、素晴らしいと思う。
【略歴】Reno J.Tibke ロボット、サイバネティクス、人工知能についての民間研究家兼評論家。Anthrobotic.comの創設者であり、国際的なロボットニュースサイト「ロボハブ」(Robohub.org)の創設メンバーかつ執筆者。東京を拠点とするアキハバラニュース(AkihabaraNews.com)のエディターでマルチメディア映像制作プロダクション「デジタルハブ」(DigitalHub.JP)共同創設者。米モンタナ州出身。


Mr. Reno's Robot Society #09

The COMANOID Project: Airbus Brings French and Japanese Robotics Even Closer



The French-Japanese Robot Connection


When SoftBank acquired French firm Aldebaran Robotics in 2013 - a big step on the road to Pepper - it signaled a few interesting shifts: for one, it was curious to see a Japanese firm bypass what must have been a number of capable domestic robot makers in favor of a European one, and two, it prompted serious reconsideration of French robotics capabilities beyond Alderbaran’s respected Nao research platform.

The COMANOID project, first announced in January of 2015, represents a kind of inversion of the above: rather than Japan reaching out to France, we now see French aviation giant Airbus, partnering with the CNRS-AIST Joint Robotics Laboratory, reaching out to Japan in an effort to bring humanoid robotic workers into the aircraft manufacturing process.

COMANOID: Why Humanoids for Aviation Manufacturing?


Traditional assembly line dynamics do not apply in aviation manufacturing; workers must be able to bend at the waist, kneel, balance on an elbow, simultaneously coordinate multiple limbs, navigate through narrow spaces, and, among other dexterities, brace themselves against the feedback of their actions. The consortium concluded that a humanoid form is not only preferred, but essential in aircraft manufacturing, and a fixed-based co-bot platform along the lines of Kawada’s’ Nextage or ABB’s YuMi would not suffice.

In pursuing the COMANOID venture, Airbus brings their obvious expertise; the Joint Robotics Laboratory, for its part, is comprised of teams from CNRS, France’s National Center for Scientific Research, and AIST, Japan’s National Institute of Advanced Industrial Science and Technology - the former will provide the machines’ software and control systems, and latter will provide the hardware, specifically, the Humanoid Robotics Project’s HRP-2 and HRP-4, two of the world’s most advanced and capable bipedal platforms. As of February 12, 2016, work is underway.

The Pleasing Irony of International Robotics Cooperation


“COMANOID” is a portmanteau of “multi-point collaborative humanoids.” With that in mind, we’re left with a pleasing notion, a satisfying feedback loop: the only way for this project to succeed in creating a collaborative humanoid robot is through complex, international human collaboration. It’s nice to see robotics bringing the world together.

Reno J. Tibke is a generalist researcher and commentator on robotics, cybernetics, and nonbiological intelligence. He is the founder of Anthrobotic.com, a founding contributor at Robohub.org, editor at AkihabaraNews.com, and co-founder of Tokyo-based multimedia production firm DigitalHub.JP.

日刊工業新聞2016年2月17日付ロボット面の記事+英文

COMMENT

藤元正
モノづくり日本会議実行委員会

このプロジェクトは、2014年2月にエアバスグループなどが参加し、東京都内の在日フランス大使館で開かれた協調ロボットセミナーがきっかけとなって誕生した。現在では「H2020 COMANOID」プロジェクトとして、欧州委員会の研究開発枠組みプログラム「ホライズン2020」に採択されている。実は小生も2014年のセミナーに参加していたが、日本のロボットに対するエアバス担当者の期待はかなりのものだった。 http://www.nikkan.co.jp/articles/view/00292871 その前に産総研とCNRSの親密な関係があったからこそとも言えるが、単なる交流で終わらず、本格的な国際プロジェクトに育ったこと自体、特筆されるべきことだと思う。今後の進展が期待される。

関連する記事はこちら

特集