量子技術の圧倒的な進化がもたらす未来。ビジネスパーソンが今できることとは?

ニュースイッチラボのご案内

  • 1
  • 3

一部で商用化が始まっている量子コンピューター。期待される高速計算は従来の科学技術とは異なり、指数関数的に成長していきます。社会への実装が進めば、市場プレーヤーが入れ替わるインパクトがあります。技術の本命はまだどの方式になるか分かりませんが、ビジネスパーソンならその仕組みが分からなくても、どのようなことが実現できるのかを今のうちから考えておく必要があります。
 本セミナーでは、技術だけでなくエネルギーなどの社会課題から、自動車をはじめとした製造業のサプライチェーン変革などの産業創出までを解説していきます。
 講師は、量子コンピューターの組み合わせ最適化によるビジネス活用や社会変革の視点で、企業の枠組みを超え活動する住友商事の寺部雅能氏です。モデレーターは日刊工業新聞社 前科学技術部長の小川淳が務めます。
 量子技術が自社のビジネスにどう変化をもたらすのか、どう生かせるのか。気づきの機会になればと思っております。

<<詳しくはこちら>>

『量子技術の圧倒的な進化がもたらす未来。ビジネスパーソンが今できることとは?』
2022/9/9(金) 14:00 ~ 15:30 オンライン配信
<<お申込みはこちら>>
参加料:¥19,800(税込)
申し込み締切:2022年9月8日(木)12:00
【アーカイブ配信】
 本セミナーの参加申込者は、ウェビナー終了後、アーカイブ配信をご覧いただけます。
 視聴可能期間:2022年9月9日(金)16:00~9月16日(金)17:00(配信開始時間は多少前後する場合がございます)
 アーカイブ配信の視聴方法は、9月9日(金)16:00頃、メールにてご案内いたします。

講演者紹介

 寺部 雅能(てらべ まさよし)氏
住友商事 Quantum Transformation (QX) プロジェクト Technology Director
東北大学大学院 情報科学研究科 特任准教授(客員)

社会とテクノロジーの交差点に立ち、新たな価値の創出に挑戦し続ける元エンジニア・研究者の商社マン。
量子コンピューティングの社会実装分野で数多くの世界初実証、知財創出、論文出版、海外スタートアップ出資や国際会議での基調講演、招待講演等の実績を持つ。著書「量子コンピュータが変える未来」他。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる