バッタのように群れで行動する小型ドローン兵器

米海軍の研究機関が実験映像公開

  • 0
  • 0
翼が折り畳まれチューブに入ったドローンを発射
 大量のバッタが群れをなしてやってきて、植物や農作物を食い尽くしながら移動するー。世界各地で見られるこうした飛蝗という恐ろしい現象にヒントに、米海軍研究事務所(ONR)が群れで行動する小型飛行ロボット(ドローン)の研究開発を進めている。その名も「LOCUST(バッタ)」で、「低コスト無人飛行機群技術(Low-Cost UAV Swarming Technology)」をもとに命名。実証試験を3月30日から4月3日にかけて行い、映像を4月14日にYoutubeで公開した。

 LOCUSTの概念は、まず大砲のような発射台からチューブ状に折り畳まれた小型のドローンを次々に射出。打ち上げられた多数の機体が主翼と尾翼を広げて自律飛行に入り、ほかのUAVと無線で情報を共有しながら編隊飛行をとって、偵察や攻撃など所定のミッションをこなす、というもの。

 1機の大きさが小さく、遠隔操作ではない自律飛行のため、製造および運用コストを低くできるのが利点。1分間に30機のドローンを打ち上げる能力があり、その後90分間にわたってプログラムに沿った偵察活動が行えるという。さらに艦船や特殊車両、飛行機などからの発射も想定し、2016年には実際の艦船に発射台を載せて実証試験を行う計画だ。
【ユーチューブの動画】

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

藤元正
モノづくり日本会議実行委員会
委員長

こうした兵器をハエぐらいの大きさにまで小型化して上空からばら撒けば、レーダーにも引っかからない。誰にも気付かれずに敵の要人を暗殺、というミッションに使われたりするかもしれない。軍事技術は怖いです。

関連する記事はこちら

特集