波に乗れるか!?波力発電、実用化の期待高まる―コスト・安全対策がカギ

発電効率を大幅に高める次世代技術開発も進む


送電費用、検証が必須


■東大、今夏から実証開始−既存の電力網活用
 波力発電を実用化する際のコストは、装置費などに加えて、送電費用を考慮する必要がある。送電網がない場所に設置して系統電力に接続する場合、送電網の整備に多大な費用がかかる。NEDO事業は装置開発が主題のため、送電費用を含まない価格で発電単価の目標を掲げるが、実用化する上でその検証は欠かせない。

■初めて接続
 東大生産技術研究所の林昌奎(リム・チャンキュ)教授、丸山康樹特任教授らは、送電費用を抑制した実用化モデルの構築を目指す。漁港の沿岸に設置し、既存の送電網を生かす。岩手県久慈市の漁港に出力43キロワットの試験装置を設置し、今夏から17年度まで実証実験を行う予定。

 鉄板で波を受け、振り子運動により発電する。電力の一部は漁港で消費し、残りを売電して装置の建設費に還元する構想。久慈市の実験では「国内の波力発電装置として初めて系統電力に接続する」(丸山特任教授)。

 実証後は装置を3台連ねて、出力150キロワット以上の発電設備を構築する。神奈川県平塚市で19年度以降に実用化規模の装置として実証する考え。

 温暖化対策や国産のエネルギー資源としての有用性に加えて、被災地の復興を下支えする新産業として、海洋エネルギー利用への期待は高まっている。波力発電の研究開発では一定の成果が出始めたとはいえ、装置の長期的な安全性確保など克服すべき課題は依然多い。実用化への道のりをどこまで具体的に描けるのか。勝負の時を迎えている。
(文=葭本隆太)

日刊工業新聞2016年1月4日 科学技術・大学面

  • 1
  • 2
昆 梓紗

昆 梓紗
01月05日
この記事のファシリテーター

島国の特性を大いに生かせる波力発電。発電する部分にばかり目が行きがちですが、発電したエネルギーを誰がどう使うかをデザインすることも実用化が進む一助になるように思いました。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。