SDGsを経営戦略に落とし込むためには?メリットとは

ニュースイッチラボ『SDGsビジネス戦略 ~2030年に向けて日本企業はいま何をすべきか』

  • 0
  • 1

政府は日本の持続可能な開発目標(SDGs)達成状況をまとめた。ジェンダーギャップ(性別格差)の解消が遅れる一方で、再生可能エネルギーの導入拡大や温室効果ガス排出量の減少を評価した。同時期に発表された海外機関による国別評価で日本は18位となり、17年の11位から順位を下げた。SDGsのゴールの2030年まで残り9年、課題解決による巻き返しが求められる。

国連加盟国は自国のSDGsの達成状況を定期的にまとめている。日本は17年以来4年ぶりに評価し、7月の国連の会議で発表した。外務省の担当者によると前回は50ページだった報告書は、今回は200ページにまで膨らんだ。それだけ国内でSDGsが推進され、内容に厚みが増した。また評価では「見える化を心がけた」(外務省担当者)という。工夫の一つとして政府側、有識者による民間側の双方から意見を聞き、国内の課題を浮き彫りにした。

ゴール1(貧困)について政府、民間とも十分な所得に満たない家庭で暮らす「子どもの貧困」を注視した。ゴール5(男女平等)についても政府、民間とも女性リーダーが少なく、性別による格差が大きいことを深刻に受け止めた。一方、ゴール7(エネルギー)では、政府は再生エネの導入が着実に進展したと評価したが、民間は脱炭素の目標に向け「再生エネの大幅増加には遠い」とし、認識の違いが明らかになった。

ニュースイッチでは、オンラインイベント「SDGsビジネス戦略 ~2030年に向けて日本企業はいま何をすべきか」を開催します。
2030年まで残り9年。コロナ禍からのより良い社会への回復、カーボンニュートラルといった最新状況をふまえ、SDGsの具体的な取組み方法、企業戦略への落とし込み方など、実践的な内容をご紹介します。
サステナビリティへの取り組みをレベルアップさせたい方向けの「SDGs実践」ウェビナーです。
「SDGsを経営戦略に落とし込みたい」と感じている方、「SDGsに取り組んでいるが、どうも成果が出ていない」と悩んでいる方の参加も歓迎です。
ご登壇いただくのは、環境・サステナビリティ分野で20年以上、企業コンサルティングやビジネスリーダー育成に携わってきたピーター D. ピーダーセン氏です。
「第4の波の到来」「SDGsは単なる“大衆のアヘン”なのか」など最新情報を解説いただくとともに、これからの企業や次世代リーダーに求められる要素についても教えていただきます。

2021/10/8(金) 14:00 ~ 16:00
<<詳しくはこちら>>
参加料(書籍代込):¥33,000(税込)

申し込み締切 2021年10月7日(木)12:00

【こんな方におすすめ】
・自社の取り組みを見直したい方
・SDGs戦略とは何か、いま必要なツールが知りたい方
・企業戦略への落とし込み方を知りたい方
・これからの経営層や次世代リーダーに求められる要素(いままでのリーダーとの違い)を知りたい方
・SDGsに取り組んで自社にどのような影響があるのかが分からず、いまだに踏み込めていない方

日刊工業新聞2021年8月13日抜粋

キーワード
SDGs ESG

関連する記事はこちら

特集