iPhone、少なくとも2018年までは有機EL採用なし、アナリスト予測

《で、18年モデルから採用らしい》 部品メーカーなどの取引先に伝えたという報道も

  • 0
  • 3
アップル製品で唯一、有機ELディスプレーを採用するApple Watch
 Apple Watchに搭載されるアクティブマトリックス方式有機ELディスプレー(AMOLED)、いわゆる有機ELについて、アップルは少なくとも2018年までiPhoneに採用しないーー。アップル製品の分析で知られるKGI証券のアナリスト、ミンチ・クオ氏がこうした予測を10日に披露した。

 10月末には、韓国ETニュースやその報道を引用した台湾デジタイムズが、次期iPhoneにサムスン電子がAMOLEDを供給するかもしれないと報じたが、クオ氏はそうした見方を一蹴。あと3年は液晶ディスプレーを使い続けると主張している。

 その大きな根拠となっているのは、iPhoneを製造する鴻海精密工業(フォックスコン)の動き。同社が中国・河南省政府との間で、第6世代の低温ポリシリコン薄膜トランジスタ(LTPS TFT)液晶ディスプレーの大型工場を、同省の省都である鄭州市に建設する契約を結んだことによる。この工場は2018年に量産に入る予定で、クオ氏は将来のiPhone向け需要に対応するための大型投資とみている。

 それに加え、iPhoneにバックライトユニットを供給するミネベアの幹部が、投資家に対して今月初め、ハイエンドのスマートフォン市場ではあと3年以上、液晶パネルの需要が強含みで推移する、との見通しを示したことも有力な裏付けになるとしている。

 液晶パネルはAMOLEDに対し、製造コスト、供給の柔軟性、製品寿命、太陽光での視認性などの点で優位性がある。一方、AMOLEDは色の明るさや省エネ性といった特徴があり、そうした利点を考慮して、アップルはまずApple Watch向けに有機ELを採用したとみられている。

 クオ氏は今年1月の段階でiPad Proが感圧式のスタイラスを採用すると予測したり、3月にはApple Watchが新しい色を採用すると話し、いずれも秋のプレスイベントでその通りになるなど、予測精度の高さで定評がある。

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

藤元正
モノづくり日本会議実行委員会

ホンハイが液晶パネルの大工場を作るからといって、その大半がアップル向けとは限りません。とはいえ、そこからiPhone向けにパネルが供給されるとなれば、ジャパンディスプレイやLGディスプレー、シャープなどにも影響が及ぶことになるのでしょうか。

関連する記事はこちら

特集