ロームが「垂直共振器面発光レーザー」を30%高出力化、スマホやAGVの性能向上に

  • 0
  • 0
ロームのVCSELモジュール

ロームはモバイル機器の顔認証や空間認識などで使われる垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)を従来比30%高出力化し、10ナノ秒(ナノは10億分の1)以内で短パルス駆動できる技術を確立した。光源のVCSEL素子と、光源を駆動する金属酸化膜半導体電界効果トランジスタ(MOSFET)素子を1パッケージにモジュール化(写真)。素子間の配線を極小化し、両素子の性能を最大限に引き出した。

高出力化と短パルス駆動で、センシングの高精度化要求に対応。同技術を用いたVCSELモジュールは、2021年3月までに製品化を目指す。スマートフォンはじめとするモバイル機器のほか、無人搬送車(AGV)、検査機器、自動化機器などに提案する。

従来は、基板上でVCSELとMOSFETを個別に実装する構成だった。双方を結ぶ配線の長さが、光源の駆動時間や出力に影響し、高出力化や短パルス化に限界があった。1パッケージ化でこの課題を解決したほか、実装面積と回路設計負荷を軽減し、省電力にも貢献できるという。

日刊工業新聞2020年9月1日

キーワード
ローム

関連する記事はこちら

特集