発明が未来を照らす!中小・中堅企業の発明応募、受付中

応募締め切りは9月30日、表彰式は来年3月中旬

  • 0
  • 0

中堅・中小企業を対象とした発明の表彰制度の中では、最も長い歴史を持ち、関係諸官庁からも支援されるとともに、広く一般からも高い評価をうけている「発明大賞」。今年で第46回を迎える同表彰は、全国の中堅・中小企業の発明を発掘し、その功績を広く認知すべく実施されている。学識経験者による厳格な審査を経て受賞した企業は、関係諸官庁からの信頼が厚い。かつて受賞した企業は経済産業省主催「ものづくり日本大賞 内閣総理大臣賞」や文部科学大臣表彰「科学技術賞」を受賞するなど、発明大賞をはずみに飛躍した企業も多い。

応募対象は中堅・中小企業(資本金10億円以下の企業)、及び個人またはグループで、案件は特許・実用新案を登録済み、または公開された発明考案。

「発明大賞本賞」「発明大賞東京都知事賞」「発明大賞日本発明振興協会会長賞」「発明大賞日刊工業新聞社賞」にそれぞれ1社のほか、「発明功労賞」「考案功労賞」「発明奨励賞」「発明育成賞」として複数社を表彰する。応募締め切りは9月30日(当日消印有効)。表彰式は来年3月中旬に東京都内で予定している。

応募などの問い合わせは、(公財)日本発明振興協会(03・3464・6991)へ
発明大賞公式ページ

前回(第45回)の主な受賞企業と製品・技術のポイントは下記。

【本賞】柔軟触覚センサー=タッチエンス株式会社 (開発部・永野顕法氏)

光センサーとスポンジを組み合わせた柔らかい触覚センサー。センサーの配置を工夫して異物感のないスポンジの柔らかさを実現した。水平面にセンサーを配置して、スポンジが変形した時の密度の変化量を光透過率で定量的に評価する。縦方向だけでなく横方向の変形も検出できる。センサー自体の耐久性の低下の原因だったケーブルもなくした。

従来はスポンジの変形を評価するために光センサーを上下に配置し、センサー距離を測定していたが、センサー表面が硬いという課題があった。生産量は従来の1日当たり数個程度から2500個まで大幅に向上した。(タッチエンス=東京都台東区、03・3847・9551)

【東京都知事賞】小型塩水噴霧試験機=スガ試験機(社長・須賀茂雄氏ほか2人)

電子部品など金属の部品や製品に塩水を噴霧して腐食させ、耐久性を評価する小型の塩水噴霧腐食試験機。卓上式で塩水の噴霧量や試験槽内の温度分布を均一にして国際標準化機構規格(ISO)や日本産業規格(JIS)に準拠した。

従来の装置をそのまま小型化すると、塩水の噴霧量や温度にバラつきが出るため規格試験に対応できない。試験槽の構造と噴霧方式を工夫し、小型でも従来機と同等の性能を実現した。省エネや省スペース、低コストも実現した。排水量が少なく配管などの工事が不要で、コンセントに接続すれば試験できる。(スガ試験機=東京都新宿区、03・3354・5241)

【日本発明振興協会会長賞】統計学を応用したプラント設備および生産ラインの管理強化(山本隆義氏)

プラントや生産ライン、回転機械などの生産設備で、従来困難だった装置本体のモーターやガスエンジンなどの異常を早期検出し原因探索ができる手法。装置や設備のセンサーで測定した温度や圧力、振動などのデータを基に統計学計算を使うことで、初期の劣化事象を検出できる。潜在的な危険因子を抽出できるほか、時間経過とともに進む劣化要因も追従できる。

ガスエンジンの失火検知やプレス加工時の亀裂検知など汎用性が高い。(山本隆義氏〈エクストラネット・システムズ〉=広島市中区、050・6864・7019)

【日刊工業新聞社賞】エレメント積層型混合器=アイセル(技術顧問・望月昇氏)

液体を効率良くかき混ぜる混合器。穴の開いた薄い板状の部品を数枚重ねるとともに、立体的な液体の流れを作ることで混合効率を上げた。撹拌翼はモーターを付けて回転させて液体を混ぜ、容器内の液体を全体的に均一に混合できる。従来法の単純な構造では、一部に力が作用するため効率が悪く不均一な混合になっていた。

静的混合器は配管に設置するだけで液体を混合し、従来より小型で効率良く混合できる。シンプルな形状の部品で構成しており、それらの大きさや構成などの変更が容易である。(アイセル=大阪府八尾市、072・991・0450)

関連する記事はこちら

特集