上場企業の経営者とSDGsについて話したい人募集

「ニュースイッチ・ラボ」 メタウォーターの中村社長とSDGsについて語ろう

  • 0
  • 0

メタウォーターは上下水道を支える会社です。

中村社長は考えています。
「SDGsに貢献すると宣言している企業は多い。メタウォーターもそうだ。しかし1社でできることは限られているし、それは独りよがりではないのか? 現状のままで胸を張って”SDGs推進企業”と言えるのか? 宣言するだけの”SDGsウォッシュ”ではなく、日本らしいSDGsとは何か…さまざまな立場、環境、価値観の方が集まって意見を言い合うことがSDGsには必要ではないか」と。

そこで皆さんの声をお聞かせ下さい。
中村社長がメタウォーターの事業とSDGsについてお話します。 それは取り組みとして十分なのか、水の会社に求めることや、SDGsで企業に期待することなどを話し合いませんか?

<こんなことを話します>
ビジネスによる水問題の解決、特に「途上国のすべての人に安全な水を届けることこそSDGs(誰一人取り残さない)ではないのか」について話題提供や対話をする予定です。

「SDGsウォッシュ」はどの企業にも、共通の悩みとなりえます。 SDGsに貢献すると宣言しただけで、特別な取り組みをしていない企業はありませんか。 中村社長との対話で、具体的な行動を起こすきっかけにしてはいかがですか。

また、経営トップが公開の場でSDGsについて議論する機会は多くありません。 上場企業の経営者とSDGsについて対話したい方の参加も歓迎です。

聞き手はニュースイッチのファシリテーターで、環境分野の専門記者、松木喬が担当します。

<スピーカー>
メタウォーター株式会社 代表取締役社長 中村 靖氏
~自身でSDGsのTシャツをデザインし、自ら着て社員にSDGsの浸透を図る~

<聞き手>
日刊工業新聞社 記者(編集局 編集委員) 松木 喬
~「道」(松下幸之助揮毫)と書かれたリユースカップ(バイオ樹脂含有)を愛用~

<開催概要>
■名称:メタウォーター×ニュースイッチ・ラボ
    メタウォーター・中村社長とSDGsを語ろう

■日時:10月29日(木)15時00分~16時30分
■会場:メタウォーター本社(東京・秋葉原)
■定員:リアル会場・オンライン 各30名(無料・抽選制)
■対象:
・SDGsに関心のある人
・水ビジネス(水・環境保全ビジネス)に興味のある人
・SDGsウォッシュについて心配のある人
・水に関する研究や、SDGsに興味関心のある学生(大学・高専生)の参加も歓迎します。
◆聴講希望の方はsdgs@media.nikkan.co.jpまでお問い合わせください。
募集締め切りは10月21日(水)。なお、お申込みいただいた皆様に当選結果をご連絡します。
※コロナ禍の状況を鑑み、リアル会場では3密に注意し実施いたします。オンライン聴講希望の方の参加もお待ちしています。なお状況によっては、オンライン開催のみとなる場合もございます。ご理解のほど、お願い申し上げます。

■メタウォーターとは?

2008年4月、日本ガイシと富士電機の水環境部門の合併により誕生したメタウォーターは、水環境分野では国内初となる機電一体型の会社です。 水環境プラントに必要な機械設備・電気設計を製品として有するとともに、プラントの設計、施工、運転・維持管理までを網羅した事業内容で、上下水道施設に最適なソリューションを提供しています。METAWATERのMETAは、接頭語で「超越」「変化」を意味します。かけがえのない資源である「水」を次世代に引き継ぐため、進化し続ける企業でありたいという思いがこめられています。

メタウォーターをもっと知りたい人はこちらでどうぞ!

関連する記事はこちら

特集