5月6~7日にシンガポールでスタートアップ関連イベント

Tech in Asia Singapore 2015

  • 0
  • 0
前回の「Startup Asia Singapore 2014」
 アジア最大級のスタートアップ関連イベント「テック・イン・アジア・シンガポール2015」が5月6日から2日間、シンガポールのサンテック国際会議展示場で開かれる。主催は日本を含め、アジアのIT・スタートアップ情報を広くカバーするネットメディアのテック・イン・アジア。講演のほか、250以上のスタートアップによる製品やサービスの展示、スタートアップと投資家とのマッチングイベント「スピードデーティング」、プレゼンテーションコンテストなどを開催する。

 講演ではツイッター、Yコンビネーター、グーグル、500スタートアップス、楽天ベンチャーズなどの幹部や、アジアの有力スタートアップの経営陣が登壇し、トークを披露。日本人としては、シンガポールに本社を置き、宇宙ゴミ除去衛星の事業化でいま注目の宇宙関連ベンチャー、アストロスケールを立ち上げた岡田光信CEOが2日目の午前中に登場する。

 2日目にはアジアのスタートアップ有力10社によるプレゼンテーションコンテスト「アリーナ」を開催。優勝者には賞金1万5000ドルが贈られる。前回の1万ドルから賞金を1.5倍に引き上げた。さらに、今回初めての試みとして、2日間にわたって午後6時から深夜0時まで来場者がバーやレストランで交流する「ナイトクロール」という夜のイベントも企画した。

 参加料はスタートアップが300ドル、投資家650ドル、一般450ドル(いずれも米ドル)。4月19日までに登録すれば10%引きとなる。申し込みは下記ウェブサイトで。

2015年04月09日 中小・ベンチャー・中小政策面

COMMENT

藤元正
モノづくり日本会議実行委員会

日刊工業新聞もメディアスポンサーに名を連ねています。

関連する記事はこちら

特集