ソニーが開発、4K解像度「世界最小」CMOSセンサーの用途

監視カメラ向け

  • 0
  • 0
 ソニーは監視カメラ向けの4K解像度の相補型金属酸化膜半導体(CMOS)イメージセンサー「IMX415=写真左」「同485=同右」を開発した。IMX415は、監視カメラ向けの4K解像度のイメージセンサーとして世界最小。同485は、従来比3・3倍の低照度性能で暗い場所でも高い画像認識・検知性能を発揮する。

 IMX415は、2・8分の1型(対角6・43ミリメートル)の積層型CMOSイメージセンサー。4月にサンプル出荷を始めており、価格は2500円(消費税抜き)。有効画素数は約846万画素。画素サイズは従来の約80%まで微細化したが、独自技術で低照度性能を1・5倍に向上。屋内外の監視カメラでの需要を見込み、製品の小型化も後押しする。 

 同485は1・2分の1型(対角12・86ミリメートル)の裏面照射型CMOSイメージセンサー。価格は1万円(同)で7月にサンプル出荷を始める。画素サイズを従来比2・1倍まで拡大。1画素で取り込める光の量を増やして、暗い場所でも鮮明な映像を撮影可能にした。画像認識や検知で高い性能が求められるハイエンド製品での採用を狙う。

日刊工業新聞2019年6月28日

COMMENT

国広伽奈子
デジタルメディア局
記者

富士経済研究所の調査によると、2019年度の監視カメラの需要は五輪向け新設需要で拡大予想。その後は更新需要での安定推移が予測されています。暗い場所でも鮮明に撮影できる性能は防犯カメラでの需要がかなり高そうです。

キーワード
従来比

関連する記事はこちら

特集