英語で「後で連絡します」ってどう言うの?

英語で会議・ディカッション Scene7

 こんにちは! 企業・法人向け英語研修を行う、株式会社イー・グローブの島村 東世子です。(私のプロフィールは、このコラムの一番下の「講師の紹介」を見てくださいね。)

 前回は、「絶対~だと思う」「残念ながら~と思う」等、『思う』の言い方の色々なバリエーションを紹介しました。(前号はこちら)

 今回は、「今すぐ返事ができない時のフレーズ」に焦点をあてます!

 実際、ビジネスにおいては即座に返事ができない、またはしたくない、という場合が多々ありますよね。その時に、ナチュラルに「それについては、調べて後ほどお返事します。」って言えたらとても便利!

【状況】会議中のYukoの懸念
「さて、マンパワーは確保できたわ! でもDavidは慎重だから、色々と細かいことを聞いてくるだろうなあ…。わからないことはとりあえずいったん保留にして、後から返事しよう。でも、『調べて、後から返事します。』って英語でどう言うの?」

Toyoko先生のワンポイントアドバイス!
 『調べて、後から返事します。』と言いたい時は、“I’ll check it and get back to you later.”と言いましょう!“get back to~”は「返事をする」という意味で、reply toと同じです。


 定型フレーズは声に出して何度も言ってみましょう。小さな声で大丈夫! では、以下のDialogueへGo!

【登場人物】
Hiroshi:A社の生産部の課長
Yuko :A社の生産部の主任
David :A社海外支店の技術担当者


【Dialogue】会話はScene 6からの続きです。

David:
 Yes, that’s good news. But in my opinion, first, we should find out when they can start working. Also, I’d like to know about their technical skills.

 はい。良いニュースですね。でも、私の意見としては、 まず彼らがいつから働けるのかを調べるべきです。また、彼らの技術力に関しても知りたいです。

Hiroshi:
 You are right. We need to know their skills in advance.

 その通りです。彼らのスキルを前もって知っておく必要があります。

David:
 Yuko, could you give us detailed information on the new engineers?

 Yukoさん、新しく来るエンジニアに関する詳しい情報を教えていただけますか?

Yuko:
 I don’t know now, but I’ll check it and get back to you later.

 今わからないけど、調べて後から連絡します。

David:
 Um…, when can I get the information? If you would like to start the campaign before Christmas, we have to arrange everything right away!

 え~と、いつその情報が手に入りますか?もし、キャンペーンをクリスマス前に実施したいのであれば、全てをすぐに準備しないと!

【役立つ表現集】
・in advance
 あらかじめ、前もって
・detailed information on ~
 ~に関する詳しい情報
・get back to ~
 ~に返事する
・I’ll check it and get back to you later.
 調べて後で返事します。
・when can I get the information?
 その情報はいつ手に入りますか?(カジュアル表現)
・arrange
 手配する
・right away
 直ちに

 もう1つ! “I’ll check it.”は、“Let me check it.”や、“Let me check on that.”(調べてみます。)でもOK!

 英語では、「~します。」という表現では、I will 以外に、「let me + 動詞の原形」がよく使われますので、こちらも使えるようにしておきましょうね!
 I’ll explain the details. (詳細をご説明します。) → Let me explain the details.

またぜひ、このページに訪れていただけますように☆
次の号は10月1日です。

前回の記事
連載一覧ページはこちら

受講生のモチベーションをアップする・目に見えて効果が出る!
企業英語研修ご相談・お問い合せは、ご遠慮なくこちらへ。support@eglobe.co.jp
御社の英語研修の企画から実施まで丁寧にサポートします!

ビジネス英会話初心者向け・自分で英会話が練習できる!
「すぐに使えるらくらくビジネス英会話」(島村 東世子、日刊工業新聞社、2015)

 

講師の紹介:株式会社 イー・グローブ代表取締役 島村 東世子 (しまむら・とよこ)
企業・法人向け英語研修(株)イー・グローブ  http://www.eglobe.co.jp/
・大阪大学大学院工学研究科 招へい教員
・大阪大学大学院 言語文化研究科言語文化専攻 博士後期課程修了
・学位:博士 (言語文化学) / Ph.D. Language and Culture

著書
1)「研究発表ですぐに使える理系の英語プレゼンテーション」(島村 東世子、日刊工業新聞社、2017)
2)「すぐに使えるらくらくビジネス英会話」(島村 東世子、日刊工業新聞社、2015)
3)「研究ですぐに使える理系の英文Eメール」(島村 東世子、日刊工業新聞社、2009)
4)「本当に役立つ英文ビジネスEメール」(島村 東世子、日刊工業新聞社、2005)

〜編集部からのお知らせ〜
 この連載では、皆様の「この一言はどういうの?」を参考にさせていただき、次回以降の記事で取り上げる”かも”しれません。窓口はこちらです。フォームのお問い合わせ種別は「その他」でお願いいたします。
 なお、お問い合わせに回答させていただくのではなく、あくまでもコンテンツの参考にさせていただくということにさせていただきます。誠に勝手ではございますが、何卒、よろしくお願いいたします。

ニュースイッチオリジナル

平川 透

平川 透
09月17日
この記事のファシリテーター

先日、まさにこのフレーズを言いたい状況があったのですが、自分でも何を言っているのかわからないたどたどしい英語を言ってしまっていました。先に知っておきたかったです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。