低価格の3輪電動スクーター、フォルクスワーゲンが来年発売へ

ライバル・セグウェイに比べ軽量・低価格が特徴

  • 0
  • 0
 フォルクスワーゲン(VW)が折りたたんで持ち運べる3輪電動スクーターを開発中だと、ドイツのタブロイド紙ビルトが報じた。ライバル製品とみている米セグウェイの「セグウェイ・パーソナルトランスポーター(PT)」に比べてかなり安い価格帯に設定するという。VWのマルティン・ヴィンターコルンCEOが同紙のインタビューで明らかにした。

 「ラスト・マイル・サーファー」と言われるスクーターで、重さは約24ポンド(約11kg)。折りたたんで持ち運びでき、車やバス、電車を降りたあと自宅や会社などの目的地まで乗って行くのにも使える。

 フル充電で12マイル(約19km)走れ、値段は1000ユーロ(約13万円)を切る見通し。2016年下半期までに発売の予定。セグウェイとスペックは異なるが、セグウェイのウェブサイトによれば、6000ドル(約74万円)を超える価格で販売されており、それに比べれば大幅に安い。

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

藤元正
モノづくり日本会議実行委員会

セグウェイをはじめとする移動ロボット(パーソナルモビリティー)はこれまで、国内の公道を走行できなかったが、規制緩和により時速10km未満といった一定の条件を満たせば、近く全国での利用が可能になる見通し。ただし、誘導員などの配置が必要で、個人で勝手に乗り回せるわけではないらしい。このスクーターもたぶん、同じ扱いだろうか。

関連する記事はこちら

特集

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる