大画面ディスプレーの上から指紋を認識、今年のスマホのトレンドに? 

中国Vivoが初採用、サムスン・アップルも追随か

米シナプティクスがOLED向け光学式センサー提供


 高度な3次元(3D)顔認識機能を備えるアップルのiPhone Xの生産に間に合わず、実は盛り込めなかったと言われる機能がある。それまでのホームボタンの「タッチID」に代わり、大画面の有機ELディスプレー(OLED)の画面上で使える指紋認識機能だ。

 米ラスベガスで現在開催中のCES2018には、世界で初めてディスプレー一体型指紋センサーを採用した中国・Vivo(ビーボ)のスマートフォンがデモ展示され、話題を呼んでいる。センサー自体はタッチパネル駆動用ICなどを手がける米シナプティクスが開発・製造する。

 「インフィニティー(無限大)・ディスプレー」とも言われる、外側のベゼル部分がほとんどない大画面OLEDが注目される中、スクリーン組み込み型の指紋認識センサーは2018年のスマホの大きなトレンドになるかもしれない。そのため、次はサムスンの「ギャラクシーS9」やハイエンドの次期iPhoneで採用されるのでは、との噂も出てきている。

 Vivoはサムスン、アップル、中国のファーウェイ、OPPO(オッポ)に次ぐ世界第5位のスマホメーカー。試作機では6インチのOLEDの下の層にシナプティクスが量産を開始した光学式指紋センサー「クリアID」が埋め込まれ、ディスプレー上から読み取った指紋イメージをスマホ内蔵ソフトが持ち主の指紋かどうか瞬時に識別する。シナプティクスによれば、指が湿っていても乾いていても冷たくても1回で認識し、処理速度は3D顔認識の2倍高速だとしている。

 ただ、Vivoの試作機は名前や発売時期、値段も決まっていないという。また、クリアIDはOLEDスクリーンの下から光で指紋を読み取る方式のため、バックライトを持つLEDディスプレーでは使用できない。

2018年1月11日付日刊工業新聞電子版
シナプティクスのツイッター

藤元 正

藤元 正
01月11日
この記事のファシリテーター

2月26日にバルセロナで開幕するモバイル・ワールド・コングレスで、サムスンが「ギャラクシーS9」を披露するという。現行のS8は指紋認証、目の虹彩認証、顔認証という3種類の生体認証を備えているものの、顔認証では精度面でiPhone Xに水をあけられ、虹彩認証は目の位置合わせをしなくてはならず、指紋認証に至っては本体を手で持ちながら裏側に人差し指を当てるやり方を取っている。同社にとって、ディスプレー一体型の指紋認証を採用する動機は大いにあると思われます。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。