2017年、人工知能はとうとうここまで来た!

2017年に読まれた記事ランキング【AI編】

 人工知能(AI)による技術革新が進んでいる。産業ロボットからコミュニケーションロボット、自動運転などAIが活用されるフィールドは広い。2017年は、どんな事例が注目されたのか。この一年間でどこまで技術革新は進んだのか。アクセスランキング上位5記事を紹介する。

第5位 グーグル子会社、深層学習より高い予測性能を実現
 

 米グーグル傘下の英ディープマインドは、多段階の反応や行動を解く「自動計画」と、さまざまな手法の中から良い手法を見つけさせる「強化学習」を融合した新しい人工知能(AI)技術「PREDICTRON」(プレディクトロン)を開発した。

2017年06月17日 



第4位 AIがバストアップ写真だけで審査する美少女コンテスト。優勝者はどんな顔?
 

 人工知能(AI)が人の顔を審査する―。ファッション通販サイトを運営するdazzy(デイジー、東京都港区、下井大学社長)は、大手芸能プロダクションのレプロエンタテインメント(東京都品川区)とAIによるオーディションを開催した。

2017年07月17日 



第3位 ボッシュVSデンソー、自動運転市場の覇権を握るのはどっちだ!?
 

 世界最大の自動車部品メーカーである独ロバート・ボッシュとデンソーが100年に一度とも言われる自動車産業の変革に果敢に挑んでいる。両社ともに自動運転や電動化の中核技術をそろえ、完成車メーカーに必要なシステムを提案する体制を整えつつある。日独自動車部品メーカーの巨人の戦略を追った。

2017年07月16日 



第2位 ジェンガで人とロボットが勝負、1勝44敗で完敗したのはどっち?
 

 1勝44敗―。多軸ロボットが人とジェンガの引き抜きで勝負した結果だ。筑波大学システム情報系知能機能工学域の相山康道教授の研究室は、視覚と力覚を使って多軸ロボットでジェンガのブロックを引き抜く技術を開発した。だが、人と勝負すると勝てない。少しでも人に近づけるよう、日々研究を続けている。

2017年12月10日 



第1位 【松尾豊】AIロボット「日本企業はピークの20代につまらない作業をさせている」
 

 ロボットとともに働き、ともに生活する―。そんな世界が急速に近づいてきた。ディープラーニング(深層学習)で画像認識精度が向上し、ロボットが“目”を獲得したように、人工知能(AI)技術がロボットの開発戦略を大きく変えた。東京大学特任准教授の松尾豊さんのインタビュー。ロボットの新潮流を見据え、日本企業はどう戦っていけばいいのか語ってもらった。

2017年11月01日

ニュースイッチオリジナル

昆 梓紗

昆 梓紗
12月30日
この記事のファシリテーター

AIの本格的普及を実感した2017年。来年以降もますますニュースが増えそうです。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。