3Dプリンターによる世界初のスーパーカー!?

シャシーの製造・組み立てを簡素化、車重わずか630kg

  • 0
  • 5
米ダイバージェント・マイクロファクトリーズの「ブレード」(同社のサイトから)
 3Dプリンターで作られた世界初のスーパーカーがお目見えした。米ダイバージェント・マイクロファクトリーズ(サンフランシスコ)が開発した「ブレード」というスーパーカーで、ボディーではなく、シャシー部分の製造に3Dプリンターを使っている。

 3Dプリンターでアルミニウム粉末を溶かしながら所定の形状に成形し、炭素繊維製のチューブをアルミのジョイントでつなぐ「ノード(Node)」という製造技術を開発した。こうすることで、車体の軽量化やシャシー組み立て時間の短縮、製造時の二酸化炭素(CO2)排出量の大幅削減を実現したという。

 ブレードは700馬力のエンジンを搭載し、圧縮天然ガスあるいはガソリンが燃料。シャシー重量はわずか46kg、車体重量も約630kgしかなく、停止した状態から2.5秒以内で時速100kmまで加速できる。

 3Dプリンターは製造に時間がかかるのが弱点だが、「ノード」技術を使えば、シャシーの組み立て時間を数分間のレベルに短縮できるという。さらに、軽量化と構造の簡素化により、自動車製造、燃料製造、および走行時をひっくるめた合計CO2排出量は電気自動車のわずか1/3にすぎず、地球環境にも優しいクルマとしている。

ニュースイッチオリジナル

COMMENT

藤元正
モノづくり日本会議実行委員会
委員長

かなり面白い試みだが、どうしてもエンジンが重いため、軽量のシャシーに対してバランスが悪くならないか心配。あと世界初の3Dプリンター使用…というと、ボディー製造に利用したとみんな思うはず。ちょっとミスリーディングな言い回しになっています。

関連する記事はこちら

特集