IoT対応「トロン」OS、IEEEの世界標準に

トロンフォーラムが「マイクロTカーネル2.0」の著作権を譲渡

 トロンフォーラム(坂村健会長=東洋大学情報連携学部学部長)が仕様策定と普及を進めてきたIoT(モノのインターネット)対応の組み込み用リアルタイムOSが、米電気電子学会(IEEE)で世界標準規格にされる見通しとなった。トロンフォーラムが保有するOSの仕様書について、両者で著作権譲渡契約を結んだもの。2018年中にもIEEE標準化委員会により標準仕様が公開される。

 対象となるのはトロン系OSのうち、ワンチップマイコン向けの「マイクロTカーネル2.0」。IEEEではこれまで、IoTのエッジノード(クラウドに接続する端末機器)向けの小規模組み込みシステム用リアルタイムOSの標準化を進めてきており、プログラムが小さく移植が容易な上、組み込み分野で60%もの高いシェアを持つトロン系OSに白羽の矢が立った。

 1984年にトロンプロジェクトを立ち上げて以降、オープンで分散型、かつリアルタイムの組み込みシステムの普及を手掛けてきた坂村トロンフォーラム会長(東京大学名誉教授)は11日、「日本発のIEEE標準規格は初めてではないか」と話す一方、「IEEEは世界的な学会組織であり、影響力が違う。(トロン系OSの)普及がさらに進むだろう」と期待を示した。

 今後はIEEE標準委員会により「P2050」の名称で標準化作業が進められ、その第1回会合が12月14日に都内で開催される。IEEEの標準規格では、無線LANプロトコルとして広く普及する「IEEE 802.11」や、「POSIX(ポジックス)」と呼ばれるUNIX系OSの互換性維持のための標準仕様「IEEE 1003」などがある。

13日に「2017トロンシンポジウム」開幕



 トロンフォーラム主催の「2017トロンシンポジウム」が東京・赤坂の東京ミッドタウンホールで13日開幕する。今回は「AI+オープンデータ+IoT=未来」をテーマに、IoTの世界動向などについて坂村健会長(東洋大学情報連携学部学部長)ら専門家が講演を行うほか、製品や技術の展示もある。

 展示会の「オープンIoTシステム展」では、国内外の企業や大学、団体など44組織がIoTを実現する組み込みシステムやクラウドシステムなどを出展する。うち、パーソナルメディア(東京都品川区)は、同フォーラムで標準規格を定めたオープンIoTの標準プラットフォーム「IoTエンジン」を組み込んだ機器をスマートフォンで操作できる制御用ソフトウエアを発表。

 ユーシーテクノロジ(同)の小型基板「RF IoTエンジン」は、6LoW PANという低消費電力の無線プロトコルを使い、クラウドと直結するIoT機器を開発するのに役立つ。価格も1枚1000円台と安い。会期は15日まで。

2017年12月11日付日刊工業新聞電子版
トロンフォーラム

藤元 正

藤元 正
12月12日
この記事のファシリテーター

早いものでトロンプロジェクトがスタートしてから30数年。プロジェクトリーダーとしてトロンを引っ張ってきた坂村先生も東大を昨年退官され、4月からは東洋大学の新キャンパスで研究やIoT分野の人材教育にいそしんでいます。トロンはもともとオープンさが身上でしたが、世界標準化をにらんでのIEEEへの著作権譲渡という坂村先生の決断に、大きな節目の到来を感じないわけにはいきません。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

PRmore

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。