早大、社会人の学び直し講座 日本橋キャンパスで開講

商業施設「COREDO日本橋」の5階

  • 1
  • 0
オープニングイベントに幅広い年齢層でビジネスパーソンが集まった(早大提供)
 早稲田大学は、社会人のスキル獲得のための学び直しである「リカレント教育」を行う「WASEDA NEO」を日本橋キャンパス(東京都中央区)で始めた。コミュニティー運営や個人向けスキルアップ講座の開講のほか、人材育成会社2社が入居した。また、2018年度からの企業・自治体向けプログラムの開発を進めている。

 同キャンパスは商業施設「COREDO日本橋」の5階。コミュニティーの会員は、著名人の講演や最先端の情報・製品に接するイベントなどに参加して議論する。会員外も参加し、企画提案やプレゼンテーションなどを5回程度、数人から20人程度で学ぶ早朝講座も始めた。

 フロアには早大と連携する企業入居スペースがあり、システム系の「アビームコンサルティング」と、北川正恭元三重県知事が率いる「早稲田大学マニフェスト研究所」が入った。文部科学省で採択されたIT分野の社会人学び直し事業も、ここを活用して相乗効果を図る。

 18年度には組織派遣を狙った課題解決型プログラムを始める。中小企業のサービス事業の海外展開や、企業・自治体混合で30年先の未来社会を議論するワークショップなどを検討している。

日刊工業新聞2017年10月19日

COMMENT

山本佳世子
科学技術部
論説委員兼編集委員

早稲田大学は多面的な社会人教育を展開している。専門職大学院は多様なニーズに応えるコースをそろえたMBAを中心に、数多く扱う。退職者の知的関心を刺激するエクステンションセンターも、規模が大きく他大学にとっては「見習いたい成功例」だという。 「WASEDA NEO」はその中間的な具合で、、自己啓発型や企業ビジネス創造型のプログラムが多くなりそうだ。 「数年内に起業したい」など組織内外で新たな模索を始める人には、活用しがいがあるのではないか。

関連する記事はこちら

特集