自動車の挙動、照明で注意喚起。三菱電機が2020年に実用化へ

 三菱電機は自動車の挙動を光で周囲に伝え事故を防ぐ車用の照明技術を開発した。後退時やドア開閉時に、路面やボディーに注意喚起を示す図形などを表示し歩行者や他の車両との衝突事故を防止する。完成車メーカーに提案し、2020年以降の実用化を目指す。

 車の後方やドアにLED光源を埋め込み、後退時には矢印のような形状の図形を、ドア開閉時には開閉を示す扇形の図形をそれぞれ路上に照射する。ボディーにも同様の図形を表示する。昼夜問わず人や車両が見やすい位置に光を照射して、挙動を知らせることが可能。今後、後退時やドア開閉時以外の車の挙動に関しても開発した照明技術を採用していく方針だ。

 歩行者の交通死亡事故の多くが夜間に発生しており、車の照明を事故防止の安全用途に活用する動きが活発化している。三菱電機は人や他の車両が認識しやすいデザインを追求して実用化を目指す。

日刊工業新聞2017年10月11日

明 豊

明 豊
10月12日
この記事のファシリテーター

記事はあまり詳細に書かれていないが、もっと詳しく知りたい技術。対向車との事故防止などにも活用できないか。

この記事にコメントする

  

ファシリテーター紹介

記者・ファシリテーターへのメッセージ

この記事に関するご意見、ご感想
情報などをお寄せください。