カプコンがデータアナリスト育成、ゲーム課金率高める

今年度中に複数タイトルを可視化ソフトで分析

「ドラゴンズドグマオンライン」(カプコン公式ページより)

 カプコンはゲームユーザーの課金傾向など、動向調査にビッグデータ(大量データ)分析を活用するため、データアナリストを育成する。2017年度に複数のタイトルに活用する方針で、社内の開発者を中心に募り、現状比約10倍の30人体制を目指す。すでに人気タイトルで試験的にビッグデータ分析を導入し、有用性は確認済み。ゲーム開発や運営に応用してダウンロード数や課金率を上げるほか、開発者の生産性向上にも結び付ける。  国内ではデータアナリスト不足が深刻になっており、外部からの新規採用が難しいのが現状だ。このため、社内で人材を募り、育成することにした。ビッグデータ分析は蓄積データを高速で分析、可視化するソフト「Tableau(タブロー)」を使う。人気の家庭用ゲーム「ドラゴンズドグマオンライン」で、16年10月から半年かけて効果を確認した。  タブローベースのシステムは膨大な行動履歴を一括管理し、分析時間を短縮できる。分析結果は色分けした表やグラフなどにより、分かりやすい可視化が可能。開発者が求めるゲームユーザーの行動履歴を瞬時に提供できるので、業務の効率化にもつながる。  これまで、自前の集計ソフトでアクセス数や、課金額などを取得していた。しかし、ユーザーがプレイ中にどの場面で時間を費やしているかなどの細かな行動分析はできなかった。加えて、データの一元化をしておらず、分析に時間を要した。  タブローは米タブローソフトウェア(ワシントン州)の製品。幅広い業種で売上高分析や経営分析などの多様な用途に活用している。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集