将来有望な「勉強できる子」を“卑屈化”させる日本人の過度な平等意識

<情報工場 「読学」のススメ#30>『勉強できる子 卑屈化社会』(前川ヤスタカ 著)

**勉強ができることで周囲から白い目で見られる  「学校の勉強なんかできたって、将来実社会では役に立たないぞ」  こんな言葉を、小・中学生くらいの子どもに投げかける大人がいる。もしかしたら、あなた自身がそう信じ、子どもに言い聞かせているかもしれない。  大人にしてみれば、これはある一面真実に違いない。確かに、たかが小中レベルの学力で乗り切れるほど現代社会は単純ではない。  しかし、言われた子どもにしてみたらどうだろう。  親は「この子の将来のために」と思って、子どもに勉強を“させている”かもしれない。だが、はっきりと将来のことを考えて勉強に励む小・中学生など、ほとんどいないのではなかろうか。  大半の「勉強できる子」は、素朴な知識欲や好奇心から、もしくは目の前の問題を解いて正解するゲーム的な面白さ、達成感を求めて勉強に励んでいるような気がする。  それなのに、将来のために打算的に勉強をしているように言われてしまう。  周囲のクラスメイトに良い成績をとったことを告げれば、「自慢か」と嫌味にとられ、白い目で見られる。勉強ができるがゆえに肩身の狭い思いをし、できるだけ自分からは周囲に成績を言わないようになる。あまつさえそれを隠すようにもなり、鬱屈した、“卑屈”な態度をとる子どもになっていく。  本書『勉強できる子 卑屈化社会』では、そんな日本特有と思われる「勉強できる子」にまつわる現象とその原因、対策などを論じている。  著者の前川ヤスタカさんは上海在住のサラリーマン兼業ライター。前川さんが「勉強できた子あるある」をツイッターに連続投稿したところ、予想外の反響があったという。どうして「勉強ができること」が素直に賞賛されず、逆に引け目を感じさせられるようになるのか。本書では、その答えを求めて教育史やメディア史(歴代の学園テレビドラマにおける「勉強できる子」の描かれ方など)などを掘り下げていく。巻末には東大卒の漫画家・エッセイストの能町みね子さんのインタビューも収録。  ここで少し告白すると、私(本記事の筆者)自身も、かつてまぎれもない「勉強できる子」だった。東京郊外のごく普通の公立小学校から、日本でトップクラスの難関中高一貫校に進学した。本書に書かれているような「あるある」は、能町さん同様、身をもって経験してきたことばかりだ。見事に「卑屈化」した私は、今でも、どうしても必要でない限り出身校を自分から他人に言うことはない。  「卑屈化」とはどういうことか。人によっても違うのだろうが、一言でいえば「自分に自信がもてなくなる」ということではないか。また、勉強に嫌気がさして落ちこぼれたり、いらぬコンプレックスを抱え込み、思い切ったチャレンジをしなくなったりする。一般論として、そのせいでせっかくの素質や意欲を持った人材が十分に活躍できないとしたら、社会にとって大きな損失なのは間違いない。  「勉強できる子」が苦しまされる原因の一つに、教育に対する日本人の“表層的”な言説があると、著者は指摘している。  たとえば「勉強できる子」は、「知識を詰め込んでいるだけで思考力が身についていない」などとよく言われる。だが、本書で前川さんは、灘中・高の論理思考を徹底して身につける教育を紹介しながら、本当に勉強ができる子は「詰め込み型」の勉強をしていないことを指摘する。これは私の出身校でもそうだった。何しろ、日本で初めて実験的に「ゆとり教育」を導入していたのだ。  また、テレビドラマなどの影響もあるのか、勉強できる子は「頭でっかちで人に冷たく、人間味がない、いけ好かない野郎だ」といったステレオタイプのイメージが一般に浸透しているようだ。その根っこには、日本人特有の「同質意識」があるのではないだろうか。勉強できる子、つまり学業成績が優秀な子どもも、得意科目や勉強の仕方、動機などは千差万別だ。それを、上記のような画一的なイメージに押し込めて白い目で見がちなのだ。  ところで、本書のテーマから、トランプ現象に関連しても話題になった、米国の「反知性主義」を思い出す人もいるかもしれない。だが、これは似て非なるものだ。  森本あんり著『反知性主義』(新潮社)によれば、米国の反知性主義とは、知性そのものに反感を持つのではない。権力と知性が結びつき、民衆に画一的な「知」を押しつけることに反抗する考え方を指す。  米国の、というより西洋社会の根底に「個」の尊重があるのは間違いない。一人ひとりが「個」を確立し、自分が人と違うのは当然と考えている。同質性の高い日本人とは、前提からして正反対なのだ。欧米の「平等」とは、各々が「違う」ことを前提とした上で、「誰もが神の下で平等」とみなす考え方だ。そこに権力が画一的な「知」を押しつければ当然反発する。それが反知性主義だ。  翻って日本の場合「個」の確立が十分でなく、「皆同じ」という意味での平等意識がもともと強かった。そこに、明治維新や第二次世界大戦後、欧米流の平等主義が“接ぎ木”されてしまった。そのおかげで過度の平等意識が根づいてしまったのではないか。  「勉強できる子」たちは少数派だから、同質性の高いマジョリティの方に足を引っ張ろうとする。過度な平等意識から「出る杭」を叩く。それが、本書に描かれた「勉強できる子卑屈化」現象の正体ではなかろうか。  もちろん、インターネットの発達・普及やグローバリゼーションによって、日本人の精神構造も徐々に変わりつつある。若い世代を中心に「個」も確立されてきているのかもしれない。その流れを加速させることが、「卑屈化」がもたらす被害を最小限に食い止めることになるだろう。そのためには、本書などを参考に、まずは、われわれの根っこにあるものをしっかりと認識することが重要ではないだろうか。 (文=情報工場「SERENDIP」編集部) 『勉強できる子 卑屈化社会』 前川 ヤスタカ 著 宝島社 246p 1,200円(税別)

続きを読む

関連する記事はこちら

特集