北陸新幹線「京都―新大阪」南回りルート決定に竹の子パワー?

かつての陸の孤島も…

 京都府南部、大阪や奈良と接する山城地域は古くから「山城たけのこ」の産地。毎年この時期に地元農家が直売所を開設し、5月はじめまで朝掘りの春の味が楽しめる。  突然、この竹林から新幹線駅の計画が芽を出した。与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームは北陸新幹線計画で最後まで残っていた京都―大阪間について南回りルートを採用。中間地点となるJR片町線松井山手駅(京都府京田辺市)付近に新駅設置を決めた。  この駅名から場所が思い浮かぶ人は、関西でも少数派ではないか。京阪電気鉄道が大規模住宅地開発を計画し、資金を拠出してJRに設置してもらった請願駅。1989年に開業した。  それまでの片町線は気動車主体のローカル線だった。88年に「学研都市線」の愛称が決まり、翌年、大阪市内から松井山手駅まで複線化完了。97年のJR東西線開業で神戸方面とつながり、正式名称の由来である始発の片町駅もなくなった。  かつての陸の孤島は今や鉄道だけでなく第2京阪、新名神など高速道路の整備が進み、交通の要衝に様変わり。“雨後のたけのこ”のように住宅、量販店、工場の集積が進む。利便性向上は結構だが、本物を味わえる豊かな自然は大切にしてほしい。

続きを読む

関連する記事はこちら

特集