工場が次々に高層マンションへ…三菱ふそう、大和ハウスに川崎工場の一部を売却

三菱ふそうトラック・バスの小型トラック「キャンター」

 三菱ふそうトラック・バスは22日、川崎工場(川崎市中原区)の第二敷地を1月31日付で大和ハウス工業に売却したと発表した。第二敷地にある部品生産ラインや開発機能を隣接する第一敷地に集約し、生産体制を効率化する。第一敷地では2019年春をめどにオフィスを建設し、本社機能を集約。17年の小型電気トラックの生産開始に伴い関連の設備投資も予定する。  第二敷地の面積は約10万平方メートル。大和ハウスへの敷地の引き渡しは19年3月を予定、それまでの間はリース契約を結ぶ。川崎工場では15年にトラックの組み立てラインを一直線にして中央に再配置するなど、第二敷地の部品生産を含め16年までに100億円以上を投じて工程を再編した。

続きを読む

特集