なぜインフルエンザは特徴を変え毎年流行するのか

2種類のたんぱく質の突起がヒトの免疫機構から生き延びる

また今年もインフルエンザ流行の季節がやってきました。例年12月から流行が始まり、1―2月にピークを迎えます。感染者数は国内で推定1000万人、そのうちなんと約1万人が直接的または間接的にインフルエンザの流行によって死亡しています。悪寒を伴う高熱、全身倦怠(けんたい)感となり急激に発症して、鼻水、せき、咽頭痛、頭痛、関節痛、筋肉痛などの症状が見られます。  インフルエンザはなぜ毎年こんなに流行するのでしょうか。からだにはウイルスの特徴(抗原)を見分けてそれに合った抗体をつくり、感染を防いだり、回復を早めたりする仕組み(免疫機構)があり、予防接種はこの仕組みを利用したものです。  しかし、インフルエンザウイルスは、その表面にあるHA、NAという2種類のたんぱく質の突起が、ヒトの免疫機構から生き延びるために毎年マイナーチェンジをして特徴を変えています。毎年流行するのはそのためです。  マイナーチェンジをし続け、生き延びるだけでも困っているのに、数十年に1度フルモデルチェンジをすることがあります。それが新型インフルエンザと呼ばれ、感染は拡大し、世界的大流行(パンデミック)となります。  過去の大流行は1918年、57年、68年にそれぞれ起き、そのうち最も流行したインフルエンザは18年に猛威を振るったスペインかぜです。全世界人口約20億人の時代に感染者6億人、死者4000万人、日本での死者38万人というとんでもない大流行となりました。  記憶に新しい2009年新型インフルエンザの全世界での死者数は2万人でしたので桁違いです。  2003年以降、アジアで人への感染が見つかった鳥インフルエンザは「人へはうつらない」はずが、「人から人へうつらない」に変わり、その後「人から人へ感染」と考えられるケースがわずかですがありました。この鳥インフルエンザがパンデミックを引き起こすのは、もう秒読み段階ではないのかと言われています。  厚生労働省の試算によると、今後パンデミックが起きた場合、日本の全人口の約25%が発病し17万―64万人の死者が出るとされています。  パンデミック時の企業の事業運営方針や対応などをあらかじめ取りまとめた計画をBCP(事業継続計画)といい、すでに策定している企業がかなり増えてきています。  いつ起こるかも知れない脅威となる感染症での混乱は、最小限にくい止めなければなりません。  インフルエンザウイルスの感染経路としては飛沫(ひまつ)と接触感染があります(空気感染があるとする説もあり)。  くしゃみや咳(せき)によって飛び散ったウイルスを含む唾液などの小粒子(飛沫)が、1回のくしゃみで200万個発生して2メートル以内の距離であれば直接感染します。これを飛沫感染といいます。  感染しても発症するまでに1―2日程度の潜伏期間があり、その間に体内でウイルスは急速に増殖しているため、発症する前でも飛沫で次の人を感染させてしまいます。  そのためインフルエンザ流行期にはマスク着用などの「咳エチケット」が重要です。マスクを着用していない時のとっさのくしゃみなどは、衣服の袖で口と鼻をカバーして周囲に飛沫を散乱させないようにしましょう。「咳エチケット」は社会全体を守るために意外と大事なことです。  接触感染は飛沫が付着したものに触れることによって感染することをいいます。気を付けたいのは手がよく触れる場所の手すり、ドアノブ、電話などで、表面のウイルスはしばらく生存していますから流行期にはその表面の清掃回数を増やし、手洗い、アルコール製剤などで手指消毒をすることが大切です。  インフルエンザウイルスが冬に流行するのは低温、乾燥環境で生存率が高くなるためだと言われていますので、暖房はもちろん加湿器を使用してウイルスの生存率を下げるのも有効です。  厚生労働省や行政が発するBCP(事業継続計画)に関するガイドラインでも、職場の清掃、消毒を具体的な感染防止策にあげています。そのほか、継続計画には業務の縮小休止の検討、迅速な意思決定が可能な体制づくり、従業員に対する定期的な教育・訓練を実施するなどの記述があります。  予防方法としては、まずワクチンを流行前に接種することが大切です。ワクチン接種後効果が出るのに2週間はかかるので、接種がまだの人はお早めに接種されることをお勧めいたします。 (文=森本泰介・医療法人社団直和会 平成立石病院内科)

続きを読む

特集