キリン、ミャンマー買収効果はプレミアムビールで

ブラジルの轍は踏まない

ミャンマー法人の重要性が増している

 キリンホールディングスは2015年8月、ミャンマーのビール最大手ミャンマー・ブルワリーを約697億円で買収した。海外投資案件としては09年の豪州ライオンネイサン、11年のブラジル・スキンカリオール(現ブラジルキリン)の買収などに続くものだ。  ただ、キリンは15年度に不振が続くブラジルキリンの企業価値を見直し、のれんの減損処理を計上。約1140億円の特損が発生した。ブラジルキリンは現在、再建を急いでいる。  また、豪州ライオンネイサンも16年9月末、ベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABI)が英SABミラーを吸収合併した影響で、ABIから輸入のビールのライセンス販売を終了した。このため、シェア低下は避けがたい。結果的にミャンマーの重要性が増している。  ブラジルキリンが苦戦した理由は同国経済の不振に加え、スキンカリオールが販売シェア2位メーカーで、価格競争に巻き込まれたこと。ミャンマーの場合は約8割のシェアを持つ首位企業のため、懸念はブラジルより小さいといえる。  だが、安閑としてはいられない。ミャンマーを有望市場と見て、ハイネケンやカールスバーグなど海外大手が参入、競争が激化している。ブランド力や販売体制強化がカギを握る。

続きを読む

特集